映画を観て音楽を聴いて、感想を書くブログ

会社員バンドマンが綴る、映画と音楽のブログです。過去の名作から、新作まで綴っていこうと思います。音楽についても書くかもしれません。

「風立ちぬ」を観た

風立ちぬ」を観た。

f:id:teraniht:20160921085749j:plain

監督:宮崎駿

公開:2013年

 

言わずとしれた国民的アニメ監督、宮崎駿の監督引退作品。劇場公開の宮崎駿監督作品では、初めてタイトルに「の」が付かないという異例作。(ちなみに「カリオストロの城」「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」「魔女宅急便」「紅の豚」「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「崖の上のポニョ」の10作品を指す。ちなみに「ゲド戦記」などは同じジブリ作品だが監督が違う)今回は初めての恋愛映画だと言う前情報もあり、これはハズすかなとちょっと身構えて鑑賞。

 

感想

結論、大傑作。堀越二郎堀辰雄という実在の人物をモチーフにした主人公の造形らしいが、特に二人に関しての前知識は必要ない。

 

特に普段「物造り」に従事している方であれば、今回の主人公が口にする「美しい飛行機を作りたい」という純粋な衝動には、少なからず共感するのではないだろうか。

 

何かに夢中になり夢を追いかけるという、いわゆるベタな映画的なストーリーも、次郎が見るファンタジックな夢の内容や、理想の飛行機を空想している時のアニメ的な表現により、常人を超越した「想いの強さ」を見事に表現していて、本当に感心させられた。正直、ストーリー的なカタルシスはほとんど無いので、ドンデン返しやワクワクするシーンはあまり期待しない方が良い。

 

ただワンシーン毎の演出が本当に素晴らしくて、何気無い場面も時には人物から、時には背景から、心を掴まれっぱなし。タバコを吸うシーンが多いとか、しょうもない事が話題になっていたが当時の時代背景を忠実に再現した結果なのだろう。僕は気にならなかった。それよりも今の時代では、映画でしか触れられない、美しい日本語、美しい姿勢、美しい生き方にグッと来ること間違いなしだ。

 

特に後半は、涙腺ユルユル。駅での再開シーンでの「抱きつく」というよりも「飛びつく」ような抱擁の表現。これにより、より二人の求めあう心情を克明に描いていた。更に結婚式のシーンで見せる菜穂子の美しさ。そしてそれを見た次郎の瞳孔が開くアニメーションで、彼の心情を見事に描く表現。

 

本当に良いシーンが多過ぎるので、好きな異性と観に行って終わった後に好きな場面を語り合うのが、よろしいかと(笑)ただし、この映画の良さはもしかすると若すぎる方には解らないかもしれない。いろいろな人生経験を経た後に見返すと、きっと素晴らしい映画体験になると思う。宮崎駿、70歳を過ぎても天才の才能は枯渇しないんだなぁ。

 

これは文句無しの名作。30歳以上にオススメです。