映画を観て音楽を聴いて、感想を書くブログ

会社員バンドマンが綴る、映画と音楽のブログです。過去の名作から、新作まで綴っていこうと思います。音楽についても書くかもしれません。

「おおかみこどもの雨と雪」を観た

おおかみこどもの雨と雪」を観た。

f:id:teraniht:20160921084908j:plain

監督:細田守
公開:2012年


細田守監督の最新作「バケモノの子」が、地上波で初放送になるらしい。細田監督は、今や完全に「ポスト宮崎駿監督」の座を確立して、日本を代表するアニメーション映画監督になったと思う。

 

感想

時をかける少女」「サマーウォーズ」、そして今回の「おおかみこどもの雨と雪」を観て思う事は、この監督は本当に人間が好きなんだなぁという事だ。とにかく、「人」への視点が温かい。細田作品を観た後の、あの独特な「心がポカポカする感じ」は2時間を通して、人間、つまりは観客自身を全力で肯定してくれるからこそ起こる感覚だ。ただ、若干作品ごとに伝えたいテーマは異なっている。

 

本作のストーリーを極めてシンプルにすると、「1人の女性が男性と恋に落ちて2人の子供を授かるが、父親は事故で死んでしまい、母親だけで悪戦苦闘しながら子供たちを育てあげる。その中で子供たちは自分達が進むべき道を見つけて、それぞれ歩み始める話」だ。


ただ、本作が通常と違う点は、「父親が狼で子供たちもその血を受け継いでいる」という点。だが、これはこの物語の本質では無いと僕は思う。もちろん、おおかみこどもだからこその苦労は、母親視点からも子供視点からも描かれる。何故なら、それが本作のアニメーション作品としての、一番の差別化ポイントだからだ。


アニメ的に耳がピョンと出て変身したり、おおかみこどもである事が周りにバレないかをヒヤヒヤさせる演出とか、病気になった時に小児科か動物病院のどちらに連れて行くかの葛藤とか、の事である。これらは「子供を育てる大変さ」を、より誇張して、よりアニメーション的に、より短時間で観客に伝えやすくする為の設定という事である。作品を「狼の血を引いた子供たちを育てる」というファンタジックな世界観にする事で、テーマを明確にしているのだ。

 

だが、この映画は「狼の親子」だからこその苦悩が描きたい訳では無い。
序盤から「子供を育てる」という母親の苦労や喜びを丁寧に描いているから、観客はこの親子に感情移入する。雪原を全力で走って、転がって笑い合う親子を観て、キャラクターと同じようにこの時間を幸せだと感じる。だからこそ、その後で子供たちが自分の道を選択する時に感じる親の葛藤を、母親である花と同じように観客も自分ごととして感じる。

 

作品の後半は、子供達は成長していき映画のトーンがガラッと変わる。
姉の「雪」は人間として、同級生の思春期の苦悩を共有しながら、そして自分もそれを感じながら、その世界に何とか溶け込もうとしてもがく。そして、自分の全てを受け入れてくれる人間に出会い、自らの道を決める。弟の「雨」は父親の遺伝子に誘われる様に、狼として動物達と野生で生きる事を選ぶ。形は違えど、現実の世界だって同じだ。

 

息子が東京の大学に行きたいと言って家を出る時。
娘が遠く離れた場所の家族に嫁ぐ時。
息子が海外で料理人になりたいと言って、荷造りをしている時。

 

親はみんな、花と同じ気持ちになる。
そして子供達の背中に「しっかり生きて」と言うのだ。

 

この作品は親から子供が巣立っていく事という普遍的なテーマを、ファンタジーの形を取りながら伝えている作品だと思う。「狼の血を引いている」という設定だからこそ、ラストシーンの二度と会えない子離れの切実さがより際立つ。子供はいつの間にか成長し、自分の意思で道を選択し始める。そして、いつでも親は子供の事を思い、小さかった頃の記憶を懐かしく思いながらも、立派に成長した姿を誇らしく思うのだ。

 

ラストシーン、力強く山を駆け上がった雨の遠吠えを聞いた途端、花は笑顔になる。自分の想像以上に成長していた我が子に驚き、親の手を離れた事を受け入れる。そして、最後に親としてかけられる唯一の言葉を呟く。

 

「元気でいて」と。

 

エンドロールで次々と現れる、劇中シーンの数々はまるで巣立って行った我が子のアルバムを見返している様な気分になるだろう。それは、この作品が素晴らしい体験を提供してくれた事を何より証明している。「おおかみこどもの雨と雪」は、何十年後に観ても古びない作品だと思う。それは真摯に「人間」を描いているからだ。