映画を観て音楽を聴いて、感想を書くブログ

会社員バンドマンが綴る、映画と音楽のブログです。過去の名作から、新作まで綴っていこうと思います。音楽についても書くかもしれません。

「her/世界でひとつの彼女」を観た

her/世界でひとつの彼女」を観た。

f:id:teraniht:20160921084710j:plain

監督:スパイク・ジョーンズ

日本公開:2014年

 

まずは簡単にあらすじを。

 

あらすじ

舞台は、近未来のロサンゼルス。主人公セオドアの仕事は手紙の代筆ライター。最愛の妻キャサリンと別居して悲嘆に暮れていた彼はある日、人工知能型OSサマンサと出会う。OSとはいえ、会話も楽しく女性としても魅力的で人間らしいサマンサに、セオドアは徐々に惹かれていき、ついには恋に落ちる。サマンサとの生活に日々の喜びを感じるセオドア。ついに過去を振り切り別れを決意出来たセオドアは、妻キャサリンに離婚届けを出すが、OSという仮想世界の相手であるサマンサとの恋愛を非難される。同時にOSであるサマンサは、日々進化し続けていた。ある時、音信不通になったサマンサにセオドアは、焦りと苛立ちを露わにする。そしてアップデートしていたとの理由で消息を立っていたサマンサは再びセオドアの前に現れるが、遠い所へ行くという理由で別れを告げられる。

 

感想

この映画は一見、人工知能との恋愛というSF作品を根底にしながらも、人間の倫理観とか進化したコンピュータとの共存といった、高尚なテーマを感じさせるが、実は大変に普遍的な恋愛映画だと思う。試しに、上記あらすじの「OS」を「アイドル」に置き換えてみて欲しい。そして「日々進化し続けていた」を「アイドルとして成功し始めていた」に、「アップデートしていた」を「メジャーデビューのチャンスを掴んだ」に変えると、あら不思議。B級アイドルと一般男性との恋愛物語になる。

 

この映画のテーマは、「違う世界に住む相手と恋愛するという事の悲哀」と言ったところだろうか。設定はお姫様と兵隊でも、芸能人と一般市民でも良い。ただ、2人の関係に落差があればあっただけ良いと思うが、違う世界に住む2人が恋に落ちるというストーリーの中で、人間とコンピュータという非現実的な設定を持つ事により、この物語は「映画的に」とても分かりやすく、かつキャッチーになった。

 

違う世界に住む相手との恋愛は、最初は刺激的だろう。ちょっとした事が新鮮で、考え方やモノの見方も自分と違うし、教えられる事も多いと思う。だが、住む世界の違いは人間の成長スピードも変えてしまう。最初は一緒に居られる事が楽しかっただけなのに、段々と相手の事が物足りなくなったり、逆に置いていかれるのを心配したりする。

 

極端な例え話だと、地元の高校で付き合っていたカップルが、女の子だけ先に東京の大学に受かって上京、男の子は地元に残って浪人する事になったとしよう。1年後にこのカップルが辿るであろう運命はおおよそ想像出来ると思う。住む世界というのは、恋愛において状況を大きく左右するのだ。ちなみに、この「住む世界」とは単純な遠距離恋愛の「距離」が問題では無く、東京の大学生になった彼女と地元の浪人生の彼という、彼らのメンタルを含めた広義の意味を指している。

 

セオドアとサマンサが深く愛し合っていた事は間違いない。だが「住む世界の違う2人の恋愛」は「価値観の違う2人の恋愛」となり、遂には終焉を迎える。映画後半にセオドアが、自分から離れていくサマンサにこう聞くシーンがある。「どこへ行く?」すると、サマンサはこう答える。「説明出来ない場所」。このどうにも縮まらない2人の距離に、この作品のテーマが詰まっていると思う。

 

そしてこの映画は恋人同士において、「触れ合う事」の重要性も伝えている。OSとの恋愛において、フィジカルな接触は不可能である。その為、彼らはある試みを行う。だが、それによって2人が満たされる事は無い。一方、元妻キャサリンとの幸せな回想シーンでは、彼らは抱き合い、キスをして手と手が触れ合う。セオドアが本当に美しい思い出として、晩年思い出すのはサマンサとキャサリン、どちらであろうか?そんな事もふと考えさせられた。

 

ラストシーン、この住む世界の違う相手との恋愛を通してセオドアが成長した事が描かれる。それが元妻キャサリンへの手紙で表現されている。代筆ライターを生業にしているセオドアだが、これは極めてストレートな言葉と表現が使われていて、彼の偽らない心情が感じ取れる。この手紙によって、サマンサとの恋愛はセオドアの人生にとって無駄では無かった事が解る。なんともビターなエンディングだ。

 

監督のスパイク・ジョーンズは、今回見事なセンスでこの映画を仕上げたと思う。画面の色彩や衣装、カットの構図まで非常に拘りを感じる作りになっていた。また主演のホアキン・フェニックスはその風貌と佇まいで、この難しいセオドアというキャラクターを演じていた。一風変わった恋愛映画だが、なんだか観終わった後にほろ苦くも、爽やかな感覚を残す作品である。こういう作品に出会えた時、映画ファンで良かったと思う。

 

最後にこの映画が気に入った方は、スパイク・ジョーンズの短篇で「アイム・ヒア」という作品がある。30分程の作品だが、こちらも名作だ。youtubeでも観れるので、是非。