映画を観て音楽を聴いて、感想を書くブログ

会社員バンドマンが綴る、映画と音楽のブログです。過去の名作から、新作まで綴っていこうと思います。音楽についても書くかもしれません。

「コードネーム U.N.C.L.E.」を観た

コードネーム U.N.C.L.E.」を観た。

f:id:teraniht:20160921084210j:plain

監督:ガイ・リッチー

日本公開:2015年

 

2015年はスパイ映画がたくさん公開されて、作品毎にその個性を発揮していた。 大作だけでもちょっと挙げると、「ミッション・インポッシブル ローグネーション」「スペクター」「キングスマン」そして、本作「コードネーム U.N.C.L.E.」である。この4作品は、それぞれ見事に別のコンセプトになっていて、作品の方向性が違うのが面白い。

 

あらすじ

舞台は東西冷戦真っただ中の1960年代前半。まさに敵同士のCIAエージェントとKGB工作員が、世界を巻き込む一大テロ事件を止めるために手を組む。正に対極にある2人のスパイコンビが世界を股にかけ、失踪したドイツ人科学者の娘を守りながら科学者本人を探し出さなければならないという任務に挑む。果たして、核爆弾大量生産技術流出の危機から世界を救えるのか!?

 

感想

もちろん、世界は救えるのである。この手のスパイアクション映画に、観客が求めるものは結末の意外性では無いし、それは作り手も良く理解している。よって、その「世界の救い方」に作品の方向性が出る。因みに「コードネーム U.N.C.L.E.」の場合は、「いかにスタイリッシュであるか」だ。

 

冒頭のカーチェイスシーンから、スイングするBGMに完全にリンクした編集の繋ぎと、計算されたライティングによって「カッコええシーン」の連続である。

 

場面説明用の文字すらも、フォントや色味、大きさがキチンとデザインされていて素晴らしい。BGMの選曲の外し方も気が利いているし、気の抜けたカットがほぼ無いという意味だけでも、この映画は観る価値があると思う。

 

後半の潜入シーンで使われるスプリットスクリーン(画面を、複数の状況を説明する為に分断する演出方法)もブライアン・パルマ監督の進化形とも言える使い方で、スマートに演出されていた。とにかく必要な情報がタイトに提示されるので、カットのテンポが良くて観ていて気持ち良いのだ。最近の映画では少ない特徴的なズームとパンの合わせ技なども、なかなか斬新だったと思う。

 

またキャラクターも魅力的だ。CIA側のヘンリー・カヴィル演じるナポレオン・ソロは、スーツの着こなしから髪型、声質まで含めて完璧に「クールなスパイ」を演じ切っている。そして、KGBのアーミー・ハマー演じるクリヤキンも、ナポレオン・ソロとは違う「粗野でワイルド」な魅力を振りまいている。超絶的な美形で、お洒落で、スタイリッシュな2人が立場の違いから、ぶつかりながらも最後は協力し合い、目的を達成するという典型的な「バディもの」である。このスパイ映画なら、女性も充分楽しめると思う。

 

ストーリーは正直、荒唐無稽と言って良いだろう。60年代の世界情勢からも、「そりゃ無茶な」という設定だが、スパイものとして観ている間は気にならないし、全く退屈しない。所々にコメディタッチのシーンを入れ込んで上手く緩急をつけているし、ヒロインのギャビーも60年代レトロテイストの衣装も相まって、とてもキュートである。

 

ガイ・リッチーと言えば、「ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ」と「スナッチ」で、尖ったフィルムメイカーとして頭角を現し「シャーロック・ホームズ」シリーズで、娯楽大作も撮れる事を証明したが、今作はそのハイブリッド&集大成として、日本では余りヒットしなかった様だがキチンと評価されるべき佳作である。

 

シリーズ化も決定しているとの事で、次作もとても楽しみだ。