映画を観て音楽を聴いて、感想を書くブログ

会社員バンドマンが綴る、映画と音楽のブログです。過去の名作から、新作まで綴っていこうと思います。音楽についても書くかもしれません。

「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」を観た

グランド・イリュージョン 見破られたトリック」を観た。

f:id:teraniht:20160921080810j:plain

監督:ジョン・M・チュウ

日本公開:2016年

 

前作から3年ぶりの続編。前作は主演のジェシー・アイゼンバーグも好演し、マーク・ラファロモーガン・フリーマンといった名優が脇を固めながら、マジックという映画に不向きなテーマにも関わらず、しっかりとした娯楽性を持った作品になっていた。何より、どう考えても不可能に見える破天荒なマジックを、ある程度ロジカルに種明かししてくれていたのも好感が持てたし、あるキャラクターにまつわる、どんでん返しもマジックという映画のテーマに合っていて、見事だったと思う。

 

感想

さて、そこで今回の「見破られたトリック」だが、残念ながら典型的なダメな続編のサンプルの様な作品であった。前作の良かった所がほぼ消えており、トリックの規模も縮小、納得出来るようなロジカルさも無い、「そんなアホな」なマジックしか起こらない上に、今回のホースメン達は失敗ばかりで、爽快感も無い。時折映し出される余計なアクションシーンも、チャカチャカしたカメラワークとカット割りでなにが起こってるかがサッパリ分からない上に、ストーリー的な必然性も無い。

 

そもそも映画とは、ほぼ画面に映っている全てのカットが映像編集ソフトで処理されているという前提の為、手品で画面上に何が起こっても観客には驚きがない。だから、いくら鳩が出ようが、降っている雨粒が止まろうがどうでも良くて、マジシャン達は何故そんな事が出来るのか?のロジックにどれ位説得力を持たせられるかがポイントなのである。マジックの時にかかる大層なBGMの演出で盛り上げに必死だが、その点でもこの映画は、全く説得力がない。

 

しかも、とにかく催眠術で相手を言い成りにさせた上でのトリックが多過ぎ、そこも納得しずらい。且つ、あるシーンで盗んだカードを護衛たちに見つからない様に隠すシーンがあるが、何故そんなに全員の手元にカードを行ったり来たりさせないといけないのかが分からない。靴の裏に隠しておけば済む話で、大体怪しまれるのが人に渡す瞬間の為、わざわざ自分たちで発見されるリスクを冒す馬鹿に見えるという有様だ。

 

また今回も最後にどんでん返しもどきが起こるが、特に驚きもない。焼き直しどころか前作から続けて観ると、キャラクターの矛盾すら感じる。悪役も魅力的とは言い難く、ダニエル・ラドクリフの小物感も酷い。

 

あとは中国市場への目配せも大変に目立つ作品だ。舞台もマカオだし、中国人俳優も重要なポジションとして登場する。中国の映画市場は、もうすぐアメリカを抜くというデータもあるらしく、年々巨大化してきている。中国人の観客を意識したハリウッドの映画作りは、今後ますます進んでいくだろう。もちろん、クオリティと必然性が伴えば全く文句は無いが、この「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」を観る限り、作品としてのバランスを取るのはまだまだ難しいようだ。

 

とにかく今回は脚本がマズいし、演出もよろしく無い。このシリーズがもし続くようなら、監督を含めてスタッフを一新した方が良いと思う。なんとも課題の多い作品である。