映画を観て音楽を聴いて、感想を書くブログ

会社員バンドマンが綴る、映画と音楽のブログです。過去の名作から、新作まで綴っていこうと思います。音楽についても書くかもしれません。

「沈黙-サイレンス-」を観た

「沈黙-サイレンス-」を観た。

f:id:teraniht:20170130205515j:plain

監督:マーティン・スコセッシ

日本公開:2017年

 

マーティン・スコセッシ監督が28年もの歳月をかけて映画化を熱望した、遠藤周作原作の文芸歴史作品。マーティン・スコセッシカトリックの司祭になる事を志した事があるのは有名な話で、自身の映画にも宗教的なテーマをしばしば登場させてきた。今作はまさに、そのスコセッシの面目躍如とも言える、静謐なタッチの名作に仕上がっていたと思う。今回は「感想」でネタバレあり。

 

あらすじ

島原の乱が収束して間もないころ、イエズス会の高名な神学者「クリストヴァン・フェレイラ」が、布教に赴いた日本での苛酷な弾圧に屈して棄教したという報せがローマにもたらされる。フェレイラの弟子であるセバスチャン・ロドリゴとフランシス・ガルペの二人は、日本に潜入すべくマカオに立ち寄り、そこで日本人「キチジロー」と出会う。キチジローの案内で五島列島に潜入したロドリゴ達は隠れキリシタンたちに歓迎されるが、やがてキリシタン狩りを行う長崎奉行所に追われる身となる。幕府に処刑され、殉教する信者たちを前に、ロドリゴはひたすら神の奇跡を祈るが、神は「沈黙」を通すのみであった。そんな時、逃亡するロドリゴは遂にキチジローの裏切りで密告され、長崎奉行所に捕えられてしまう。

 

感想

この「沈黙-サイレンス-」だが、まず日本の描写が素晴らしい。海外監督特有の間違えた日本描写が無く、かなりの時代考証とスタッフの調査により、今作の世界観は成り立っていると思う。セリフやセットや細かい所作まで、これだけ違和感なく観ていられる外国映画は珍しいのではないだろうか。またそれに伴い、日本人俳優の演技も軒並み良かった。特にイッセー尾形など、こんなに魅力のある役者だったのかと驚いた程である。浅野忠信窪塚洋介塚本晋也などは言うに及ばず、改めて全世界に日本の役者のレベルの高さをアピール出来た訳で、これからは更にハリウッドの作品で彼らを観る機会は増えるのではないだろうか。

 

この作品の上映時間は160分近くあり、かなり長い。通常なら間延びしそうだが、この映画にはほとんど退屈なシーンは無い。テーマ的に緊張感のある展開の為、上映時間はあっという間に過ぎる。本作の主題は「信仰とそのあり方」だと思うが、1640年の江戸時代の長崎で行われていた、あまりに厳しいキリシタン弾圧に対して、イエズス会ポルトガル人宣教師たちが感じる苦悶と疑念、そして信念が描かれる作品だ。

 

劇中で「主よ、何故あなたは黙ったままなのですか?」と、繰り返し問うのはアンドリュー・ガーフィールド演じるロドリゴ神父だが、キリスト教の信者たちが拘束され殺されていくのを目の当たりにしながら、ひたすら主に祈り、救済を求める。だが主は沈黙を続け、その信仰を揺らす様に幕府は信者に対し「踏み絵」を強要してくる。

 

フィジカルな苦痛と精神的な圧迫に耐えながら、ロドリゴ神父が主への信仰を貫くシーンが続くが、対照的なのが窪塚洋介演じる「キチジロー」である。彼は劇中、長崎奉行所に脅されれば踏み絵もするし、神父も裏切って幕府に売る。だが、その後でロドリゴの元を訪れて自らを「弱い人間」だと言いながら、必ず涙ながらにコンヒサン(告悔)を行うのだ。そんな彼は、踏み絵をしたからと言ってキリストを信仰していない棄教者であろうか?更に、踏み絵が出来ずに「磔の刑」にて命を落とした「隠れキリシタン」のモキチと比べて、どちらが尊い信仰者だと言えるのだろうか?更に言えば、ロドリゴやモキチの「信仰」と、生きる事に執着するキチジローの「信仰」に違いがあるのだろうか。こういった事を観る者に突きつけてくる作品なのである。

 

最後にロドリゴ神父が取る行動によって、彼は世間からは「転んだ」と言われる棄教者の立場になる。それによって彼の信仰は薄らいだのだろうか。映画版オリジナルの展開である、ラストシーンで明かされる「それの存在」は、ロドリゴ神父がいつ誰から貰ったものかを考えると、マーティン・スコセッシ監督が伝えたかった一つのメッセージが浮かび上がると思う。

 

この作品は本当に素晴らしいのだが、演出で一つだけ残念な点がある。それは観た方なら分かると思うが、ロドリゴが聞く「例の声」である。「私は沈黙していたのではない。お前たちと共に苦しんでいたのだ」と伝えるあの声は、ロドリゴの内面の声だという演出だが、彼が取る行動に対する「自分なりの言い訳」と映ってしまい、沈黙を続ける主に対して自らの意思であの苦渋の決断をしたという、この作品の大事なテーマがぶれてしまっていると感じた。

 

目の前の命を助ける為に、自らの判断で汚名を被り、世間には「転んだ」と言われながらも、彼の信仰心は揺らがなかったという作品テーマなのだから、やはりあのシーンの「例の声」は必要無かったと思う。あれにより、ロドリゴが選ばれし者だったという解釈も可能となり、この映画にもっとも必要の無い「英雄性」が浮き上がってしまうのだ。他が良いだけに、かえすがえすも残念なシーンである。

 

僕はほぼ無宗教者である。だが、本作は改めて宗教や信仰について考える機会を与えてくれた映画であったと思う。また何より映画作品として、とても面白い。確かに長く、重い映画だとは思うが、このマーティン・スコセッシ監督が創った、執念の力作を劇場で見逃す手は無いと思う。