映画を観て音楽を聴いて、感想を書くブログ

会社員バンドマンが綴る、映画と音楽のブログです。過去の名作から、新作まで綴っていこうと思います。音楽についても書くかもしれません。

「MASTER マスター」を観た(完全ネタバレ&解説アリ)

MASTER マスター」を観た。

f:id:teraniht:20171112201011j:image

監督:チョ・ウィソク
出演:イ・ビョンホンカン・ドンウォン、キム・ウビン
日本公開:2017年

 

韓国観客動員715万人の大ヒット作で「甘い人生」「悪魔を見た」や、近作だと「マグニフィセント・セブン」のイ・ビョンホンが、非道なカリスマ詐欺師役を演じた犯罪ものである。韓国犯罪史上最大規模の金融投資詐欺事件と言われる、実在の「チョ・ヒパル詐欺事件」を題材にしているらしい。予告編を観た限り、これは大好物のテーマだと喜び勇んで劇場に駆けつけた訳だが、143分というなかなかの長尺作品の中身はどうだったか?今回はネタバレありで。

 

あらすじ

金融投資会社のトップに君臨するチン会長(イ・ビョンホン)は、カリスマ的な魅力とテクニックで多額な投資金を集めてきたが、それはすべて私腹を肥やし、さらなるビジネス拡大に向けた裏金、権力者のワイロへと変貌を遂げていた。被害者数4万人、被害総額約3000億円という史上最悪の金融投資詐欺事件が引き起こされていたのだ。そんなチン会長の悪行を追跡し続けていたのが、知能犯罪捜査班のキム刑事(カン・ドンウォン)。チンら一味を一網打尽にするべく内偵を続けてきた彼は、チンの側近でプログラムの天才であるパク(キム・ウビン)に接触し、司法取引によって内通者としてスカウトする。果たしてパクは、裏金の詳細が記された極秘ファイルを入手できるのか?

 

感想&解説

休日昼間の回という事もあり、劇場内はイ・ビョンホンのファンと思しき女性客がかなり多かったと思う。映画が終わった後も「面白かったー」「緊張感がすごい」などと口々に言いながらも、早々にランチのお店を相談していたが、まさにこのバランスの作品だったと思う。映画としてカーチェイスあり、銃撃戦あり、格闘シーンあり、おまけでサスペンスありといった感じで、アクション要素は多いが本格アクション映画と言い切れる程ではないという、作品のトーンが定まらない全体的に薄口な作品になってしまっていたと思う。

 

勝手に予告編から受けた極悪人のイ・ビョンホンを追い詰める為に、犯罪捜査官が知恵を絞り、裏切りや騙し合いを通じて、最後にどんでん返しのカタルシスを得る様なシナリオ重視の作品を期待していたが、これは完全に期待はずれだった。もちろん、退屈しない程度にはツイストが効いており、ストーリーも転がってはいくのだが、劇中で「両面テープ」と言われていたパクという裏切り者かつ、コメディリリーフ役の存在で、なんとか持ちこたえているが、やはりストーリーも予想の範囲を超えては来ない。

 

まずイ・ビョンホンが、そこまで極悪なカリスマキャラクターに見えないのが問題だ。もちろん動かしている金額はデカイし、やってる犯罪は許されるものではないが、これが映画的に作用してこない。ただ、パソコン上の数字を動かして、投資家や権力者に口八丁で媚びを売っているだけにしか見えないし、裏切り者に対しての対応も生温い。序盤の「仲間たち」で手を繋ぎながら、絆を確かめ合うような儀式には笑ってしまった。その中の一人は裏切り者だと観客には伝わっているので、まるでイ・ビョンホンがバカに見える。

 

「悪の法則」のキャメロン・ディアスでも、「グッドフェローズ」のジョー・ペシでも良いが、過去の犯罪映画の極悪と言われた悪のキャラクターたちは、もっと「理屈の通じない者」の恐怖があったと思う。ラストシーンの刑務所内医務室でイ・ビョンホンが呟く、「フィリピンじゃなくて、タイに行けば良かった」というセリフで、劇場から笑いが漏れていたが、これなどは完全に笑いを取りに行ったセリフだろう。最後まで、どうにも小物感が拭えない今回のイ・ビョンホンのキャラクターのせいで、やはりこの作品のトーンがぶれている気がする。

 

イ・ビョンホンを追い詰める捜査官役のカン・ドンウォンのイケメンぶりと、明るく軽いテレビ的なショットの数々、テンポの良い語り口など直球のエンターテイメント作品として間口は広い作品だろう。だが韓国映画は「チェイサー」や「哀しき獣」「殺人の追憶」の様な、ノワールタッチの陰湿な雰囲気の作品の方が、個人的には好みだと改めて感じた一作であった。少し予告編からの期待値が高すぎたかもしれない。