映画を観て音楽を聴いて、感想を書くブログ

エンタメ系会社員&バンドマンが綴る、映画と音楽のブログです。劇場公開されている新作映画を中心に綴っていこうと思います。

「ファースト・マン」を観た(完全ネタバレ&解説アリ)

ファースト・マン」を観た。

f:id:teraniht:20190211125209j:image
監督:デイミアン・チャゼル

出演:ライアン・ゴズリングクレア・フォイジェイソン・クラーク

日本公開:2019年


「セッション」「ラ・ラ・ランド」のデイミアン・チャゼル監督、待望の新作。ライアン・ゴズリングと再びタッグを組んだという事で、ミュージカル作品を期待する方も多いだろうが、なんと今回は人類初の月面着陸に成功したアポロ11号ニール・アームストロング船長を描いた伝記ドラマである。ニールの妻役は、先日公開となった「蜘蛛の巣を払う女」の主人公リスベットを演じたクレア・フォイ。リスベットとは全く違う地味な役柄を演じているのを観て、やはり女優はすごいなと感心してしまう。ライアン・ゴズリングも、非常に抑えた演技でこの実在の人物を演じていたと思う。期待のデイミアン・チャゼル監督の新作「ファースト・マン」はどうであったか?今回もネタバレありで。

 

あらすじ

人類がいまだかつて足を踏み入れたことのない未知の領域、月面着陸の任務を託された実在のNASA宇宙飛行士アームストロングの視点を通し、その偉業と真実の姿を描く。月面着陸に挑むだけでなく、人類の偉大な一歩を歴史に刻んだアームストロングの壮絶な飛行体験とその人生、生命に関わる重大な未知の計画だと理解していながらも、彼をそばで支える家族たちの闘いを、圧倒的なリアリティと臨場感のある映像で表現する。

 

感想&解説

デイミアン・チャゼル監督と言えば、音楽をテーマにした作品という印象が強く、初めてこの「ファースト・マン」の予告編を観た時は意外な気がしたものだ。宇宙飛行士を主人公にした史実ものということで、今までの作風、特に「ラ・ラ・ランド」からは真逆のコンセプトの作品になっていると思う。ファンタジックやロマンティックな要素を極力排して、ストイックなくらいに、このニール・アームストロングという人物の言動を淡々と描いていく。これは「初めて月に降り立った男」を描くという映画の内容に対して、英雄性や家族愛というドラマチックな要素をあえて描かないという選択をしているようにすら見える。いわゆる「映画的な盛り上がりシーン」がほとんど無いのだ。


念願のNASAに選抜された時も感動的な演出はないし、愛娘が亡くなった後に産まれた次男の出産シーンも無い、もう戻ってこれないかもしれない家族との最後の夜に、父親として子供たちや妻に心に残る言葉をかける事もない。月に降り立った瞬間に感動的な音楽がかかる事もなければ、遂に地球に帰還したラストシーンですら、妻と言葉を交わす事も感動の涙を流す事もない。もちろんニール・アームストロングという人物は非常に寡黙で感情を表に出さないタイプだったらしいが、本作はあくまで映画である。本人を饒舌にしなくても、映画的に盛り上がる演出をしようと思えばいくらでも出来るだろう。だが、本作はそうはならない。


特に顕著なのは、ジェミニ計画アポロ計画を描く作品で、冷戦時代の旧ソ連との宇宙開発戦争もキーワードとして出てくるのに、この映画はニールの月面着陸を「アメリカ賛歌」としては全く描いていないところだ。描けばアメリカの観客が喜ぶであろう、星条旗を月面に刺すシーンすらないのである。もちろん、これも意図的だろう。本国のアカデミー賞のショーレースからは、ほとんど無視された状況の本作は、こういった作風も背景にある気がする。


撮影も、カメラは人物に近いショットが多く、シャトルの中でもガクガクでブレブレの映像が続く。(三半規管が弱い方は酔いに注意!)これは、あくまでニールの視点を重視している為に、状況全体がわかるような俯瞰したショットが、ものすごく少ない為だ。今、何が原因でトラブルが起こっていて、どうなるとこの状況は解決されるといった映画的な説明は無く、ただ観客はニールが様々な状況に放り込まれるのを無力に眺めるしかない。この映画は、あくまでタイトルの「ファースト・マン」の通り、ストーリー上の起伏よりも、ニール・アームストロングという一人の男の人間を描く事に注力している作品なのだろう。あまりに任務に忠実で不器用な宇宙飛行士の、である。


月面に着陸したニールが、死んだ娘のブレスレットを月に残すシーンが、本作唯一のフィクションであり、センチメンタルなシーンだと思うが、基本的にはドキュメントタッチの硬派な作品だ。エンターテイメント性やカタルシスを排したリアルでドライな作風に、正直、多少退屈だと感じたのも事実である。同じアポロ計画をテーマにした作品でも、1995年のロン・ハワード監督「アポロ13」の娯楽性とは全く違う作品なのだ。だが逆に、本当に宇宙やNASAに興味がある人には、かなり刺さる映画なのではないだろうか。


個人的には、音楽をテーマにした前二作の方が圧倒的に好きだが、デイミアン・チャゼルの新境地としては悪くない作品だと思う。また「2001年宇宙の旅」よろしく、ジェミニのドッキングシーンにワルツ曲がかかるのだが、あまりに「ラ・ラ・ランド」の曲に似ている為、ファンとしては微笑が漏れてしまった事は書いておきたい。この監督、こういうチャーミングさは憎めない。もちろん作曲者はジャスティン・ハーウィッツで同一人物だ。あの有名な言葉、「一人の人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては大きな飛躍である」が、どれだけ大きな犠牲の元に発せられたかが分かるだけでも、この作品を観て良かった。本作は過度な娯楽性を期待せずに鑑賞するのが良いと思う。