映画を観て音楽を聴いて解説と感想を書くブログ

エンタメ系会社員&バンドマンの映画ブログです。劇場公開されている新作映画の採点付きレビューと、購入した映画ブルーレイの紹介を中心に綴っていきます!

映画ブルーレイ購入記&感想:「透明人間」

映画好きが購入したブルーレイを、メモ代わりにブログに残していく記事。今回は63本目。タイトルは、リー・ワネル監督作品「透明人間 ブルーレイ+DVD」。ヤフオクにて中古で購入。映像特典としては、「未公開シーン」「エリザベス・モスの表現力」「リー・ワネルの撮影日誌」「透明人間のキャストたち」「時を超える恐怖」と、全部で40分ほどが収録されている。これらのメイキング集では、主演のエリザベス・モスが、後から特殊効果で消せるように緑のタイツに全身を包んだ”透明人間”と格闘するシーンや、リー・ワネル監督によるシドニーでの40日に亘る撮影風景の紹介などが楽しめる。特にリー監督による、ホラー映画の脚本制作はテーマやメッセージからアプローチせず、観客に恐怖を感じさせるプロットから作るといったエピソードや、過去の名作に敬意を払いつつ新たな解釈で本作に挑んだなどのコメント、エリザベス・モスによるラストの食卓シーンを撮影1週目に撮影したことで、そこに至る主人公の感情を想像するのに苦労したなどのインタビューは興味深い。

f:id:teraniht:20210218090735j:imagef:id:teraniht:20210218090739j:image
作品としては「ソウ」や「インシディアス」などのホラー作品で知られる、リー・ワネル監督のサイコ・サスペンスであり、古典作品の現代的リメイクだ。プロデュースはホラー作品では信頼のブランドになりつつある、あのブラムハウス・プロダクションズ。主演は「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」などのエリザベス・モスだ。徐々に追い込まれていく女性の立場から、新しい解釈で「透明人間」を描いた快作で、ホラー作品としても一級品の面白さだと思う。個人的にも2020年度ランキングで第2位に入れているほど、大好きな映画だった。脚本と演出が本当に上手く、上映開始から退屈な時間が全くないのが見事だ。ブルーレイに相応しい美麗な映像が楽しめ、ソフトとして満足度の高い一作だと思う。


監督:リー・ワネル

出演:エリザベス・モス、オリヴァー・ジャクソン=コーエン、オルディス・ホッジ

日本公開:2020年

透明人間 ブルーレイ+DVD [Blu-ray]

透明人間 ブルーレイ+DVD [Blu-ray]

  • 発売日: 2020/12/23
  • メディア: Blu-ray