映画を観て音楽を聴いて、感想を書くブログ

会社員バンドマンが綴る、映画と音楽のブログです。過去の名作から、新作まで綴っていこうと思います。音楽についても書くかもしれません。

「クラッシュ」を観た

「クラッシュ」を観た。

f:id:teraniht:20160921075703j:plain

監督:ポール・ハギス

日本公開:2006年

 

第78回アカデミー賞作品賞である「クラッシュ」を観た。初めて観たのは公開当時だったので、約10年前である。当時は、正直期待に対して地味な映画だなと思ったが、今回はかなり印象が違った。素晴らしかった。この映画はあまりストーリーラインをなぞる事に意味はないと思う。映画を観ながら、何か漠然と感じる引っかかりや違和感、時には嫌だみ、一時の安堵感を感じながら、何故自分はこういう気持ちになるのだろうと反芻しながら観るタイプの映画だろう。あまり言葉にしてしまうと陳腐になるので、是非観て頂きたいと思う。アカデミー作品賞は伊達ではない。

 

感想

この作品、アメリカのロサンゼルスを舞台に、7組の人物たちにフォーカスした群雄劇だ。車を巡る事故や強盗、検閲などが行われる中で、文字通り人々が衝突(クラッシュ)しながら、そして時にはクロスしながら物語は進行する。そして人種差別や偏見という大きなメインテーマに沿って登場人物たちが傷付き、罪を犯し、苦悩し、赦されながら過ごしていく様が描かれる。

 

例えば、こんなシーンがある。

 

夜。ロサンゼルスのあるレストランから黒人の若者二人組が出てきて、黒人へのサービスが明らさまに悪かったと愚痴を言っている。そこへ富裕層の白人夫婦が通りかかり、奥さんが黒人二人と目が合うと、思わず夫の腕を掴んで目を逸らしながら車に乗り込む。それを見た黒人の一人が明らかに俺たちの肌の色から野蛮な人間だと感じて避けたんだと憤慨し、勢いでその車を強奪する。

 

車を奪われた夫婦は家に帰り警察を呼ぶが、万が一の為に、ドアの鍵も交換しようと業者を呼ぶがその業者がたまたま黒人だった為に、奥さんは「合鍵を仲間の黒人に売るかもしれない。信用出来ない」と夫にわめき散らし、それを聞いてしまった黒人の業者は怒りを覚える。

 

それほど長くは無いシーンだが、各々が肌の色という呪縛から逃れられずに、他人を傷付ける。黒人二人組も、今まで様々な迫害を受けてこういった被害妄想に陥っている事が別のシーンで描かれるし、白人夫婦の奥さんは強盗にあった恐怖の余りにパニックになった発言だ。そして、それを聞いた鍵修理の黒人は、改めて自分達と白人との間に埋められない距離を感じてしまう。

 

この映画には、様々な国の人が登場する。アメリカ人はもちろん、中国、ペルシャ、ヒスパニック。これらの人達が、それぞれにアメリカという国で暮らしていく上で起きうる「現実」が焙り出され、チクチクと観客の胸を刺すのだ。またアメリカ社会において銃がどんなにリスクを孕むものなのか、そして無関係な人たちの心を傷つけるのかも描く。

 

恐らくこの映画で描かれる問題の本質は、日本に住んで生活している僕たちに完全には理解できないだろう。だが、普段の生活の中でちょっとした事から芽生える、他者への軽蔑や優越感や偏見などを少なからず感じた事があれば、漠然としているかもしれないがこの負の感覚は理解出来ると思う。その連鎖が大きなうねりとなり、今アメリカで起こっている、差別をトリガーにした様々な悲劇を産んでいるのだと思う。

 

だが、少なからず「救い」も描かれる。「透明なマント」を着た少女にまつわるエピソードや「事故車からの救出」は作り手からの優しさと善意を感じるし、人間の持つ多面性が上手く表現されている。

 

出演しているキャストも「ホテル・ルワンダ」のドン・チードル、「ドラッグストア・カウボーイ」のマット・ディロン、「ゼロ・グラビティ」のサンドラ・ブロックを始めとても豪華だし、重厚な演技が楽しめる。

 

この映画も、テーマに対しての明確な答えは提示しない。難解な作品では無いが、何を感じるかは観客に全てを委ねられるタイプの映画だ。よって、人によっては生涯ベスト級になり得る作品だろう。

 
ポール・ハギス監督作「サード・パーソン」の感想はこちら