映画を観て音楽を聴いて、感想を書くブログ

エンタメ系会社員&バンドマンが綴る、映画と音楽のブログです。劇場公開されている新作映画を中心に綴っていこうと思います。

「CLIMAX クライマックス」を観た(完全ネタバレ&解説アリ)

「CLIMAX クライマックス」を観た。

f:id:teraniht:20191104220513j:image
監督:ギャスパー・ノエ

出演:ソフィア・ブテラ、キディ・スマイル

日本公開:2019年


「アレックス」「エンター・ザ・ボイド」などの尖った作風で有名な、フランスの鬼才ギャスパー・ノエの新作が公開となった。前作「LOVE 3D」から三年ぶり。やはり新作も、ギャスパー・ノエの作品としか言いようのない独特の作品になっていたが、今作は今までのような批評家からの罵詈雑言は少なく、第71回カンヌ国際映画祭では芸術映画賞に輝いている。どうやら、1996年に起こった実際の事件からインスピレーションを得たらしい。主演は2017年「ザ・マミー呪われた砂漠の王女」に出演していた、眉毛が特徴的なソフィア・ブテラ。今回もネタバレありで。

 

あらすじ

1996年のある夜、人里離れた建物に集まった22人のダンサーたち。有名振付家の呼びかけで選ばれた彼らは、アメリカ公演のための最終リハーサルをおこなっていた。激しいリハーサルを終えて、ダンサーたちの打ち上げパーティがスタートする。大きなボールに注がれたサングリアを浴びるように飲みながら、爆音で流れる音楽に身をゆだねるダンサーたち。しかし、サングリアに何者かが混入したLSDの効果により、ダンサーたちは次第にトランス状態へと堕ちていく。

 

感想&解説

日本ではR18+指定。監督のギャスパー・ノエ曰く、「思春期の子供たち向けの映画で、アルコールがいかに恐ろしいかを啓蒙するための作品」と言い放っているが、ホンマかいなと訝しんでしまう。さすがにこれは、18歳以下には観せられないと思うくらいに、本作はアルコールとドラッグによる性と暴力と狂気を描いているからだ。過去の「アレックス」の様な直接的な性描写は少ないが、それでも登場人物達が交わす会話のほとんどは性的な含みがあるし、直接的な表現も飛び交う。特に前半の黒人ダンサー達の会話は、嫌悪感を抱く人がいてもおかしくないだろう。


出演者のうち、主演のソフィア・ブテラ以外は、演技経験のないダンサーたちを起用して、即興の会話劇と身体的パフォーマンスをベースに、映画は最悪な方向に進んでいく。このダンサーを起用している事にはもちろん理由があり、それが最も直接的なカタルシスに繋がっているのが、冒頭約10分ほどのダンスシーンだろう。シンプルなカメラワークでありながら、ワンカットで繰り広げられる22名のダンスシーンは、躍動感と淫猥さに満ちており本作の白眉だ。真っ赤な床と照明、さらにフランスのディスコクラシックであるCerrone「Supernature」のビートと彼らのパフォーマンスが混ざり合い、この不条理劇のオープニングとして相応しい見事なシーンだったと思う。


正直、ストーリーとして特に明確な起承転結がある作品では無い。冒頭のダンスシーンが終わると、徐々にLSDの入ったサングリアを飲んだダンサー達の意識が壊れ、ある者は暴力的になり、ある者は性に固執し、ある者は理不尽な行動に出始める。ダンサーという身体的な動きで全てを表現する人間達が、互いに傷つけ合い錯乱して、遂にはその動きを止めるまでの一夜を描いているだけの作品だとも言える。そして、その中でギャスパー・ノエは、日常の中で人が見たくないと思うシーンをスクリーンの中に頻発させる。直接的なグロ表現は抑え目だとはいえ、それは女子が立ったまま床に放尿するシーンであり、妊婦が腹を蹴られるシーンであり、人が火だるまになるシーンであり、自らナイフで身体を切るシーンであり、無垢な子供が死ぬようなシーンの事だ。


長回しで、まるで観客がその場にいるような気分にさせられる様な長回しの多様と、グラグラと揺れるカメラワーク、さらに常に誰かの悲鳴と叫び声が聞こえる環境で、マトモではない登場人物の行動を延々と見せられる地獄絵図は、こちらの鼓動も早まり、体温が上がってくる。天井と床が逆さまになったかと思ったら、字幕も上下反転して表示される映画なんて初めて観た。本作はあまりスクリーンに近い座席だと、酔ってしまうかもしれない。特にラストのバッドトリップ描写は、もはや体感に近い。本作が97分という、比較的タイトな上映時間で本当に良かった。


一応、誰がサングリアにLSDを入れたのか?というサスペンス的な結末も、レズビアンの片方だったという一応の決着が着くが、これはほとんど添え物に過ぎない。この映画の本質はここには無いからだ。とにかく強烈に観る者を選ぶ作品だが、現実には経験出来ない悪夢の擬似体験という意味で、本作はとても映画的なモチーフだろう。世界には様々な表現があってもいい。これだけ恐れを知らない、ギャスパー・ノエの様な映画作家は貴重だと思う。