映画を観て音楽を聴いて解説と感想を書くブログ

エンタメ系会社員&バンドマンの映画ブログです。劇場公開されている新作映画の採点付きレビューと、購入した映画ブルーレイの紹介を中心に綴っていきます!

映画ブルーレイ購入記&感想:「新しき世界」

映画好きが購入したブルーレイを、メモ代わりにブログに残していく記事。今回は49本目。タイトルは、パク・フンジョン監督作品「新しき世界」。ヤフオクにて中古で購入。映像特典としては、アクションシーン・メイキング、キャストインタビュー、未公開シーン、フォト・メイキング、オリジナル予告篇2種、日本版予告篇などが計29分ほど収録されている。アクションシーンのメイキングとキャストインタビューが各5分弱ほど収録されており、撮影中のメインキャストらが自分の演じたキャラクターに対してコメントしている。また終盤のエレベーター中の乱闘シーンは、何度もリハーサルを重ねて撮影された様子が興味深い。

f:id:teraniht:20210119122253j:imagef:id:teraniht:20210119122256j:image
作品としては、韓国産”潜入捜査ジャンル”の傑作で、監督は「悪魔を見た」の脚本や「V.I.P. 修羅の獣たち」を手掛けたパク・フンジョン。出演は「オールド・ボーイ」や「悪いやつら」のチェ・ミンシクや、「工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男」や「アシュラ」のファン・ジョンミンなど豪華キャストだ。アジアの潜入捜査ものと言えば、香港映画の「インファナルナル・アフェア」が有名だが、個人的には本作の方が好きなくらいで、劇中ずっと良い緊張感が続き退屈するシーンがまるでない。マフィア組織に潜入捜査して8年がたつ警察官が主人公で、組織ナンバー2の兄貴分から信頼されていることを知りながらも警察側の上司には従うしかなく、組織を裏切っていることに複雑な思いを抱いている。そんな中マフィア組織のボスが急死したことで権力争いが勃発し、主人公もその渦に巻き込まれていくというストーリーだが、男の友情あり裏切りありといった、このジャンルに必要な要素は全て盛り込まれている上に、ラストはノワール作品として見事な結末を迎えるのも心地よい。もし未見の方はぜひ。


監督:パク・フンジョン

出演:イ・ジョンジェチェ・ミンシク、ファン・ジョンミン

日本公開:2014年

新しき世界 [Blu-ray]

新しき世界 [Blu-ray]

  • 発売日: 2014/08/02
  • メディア: Blu-ray