映画を観て音楽を聴いて解説と感想を書くブログ

エンタメ系会社員&バンドマンの映画ブログです。劇場公開されている新作映画の採点付きレビューと、購入した映画ブルーレイの紹介を中心に綴っていきます!

映画ブルーレイ購入記&感想Vol.56:「マーズ・アタック!」

映画好きが購入したブルーレイを、メモ代わりにブログに残していく記事。今回は56本目。タイトルは、ティム・バートン監督作品「マーズ・アタック!」。amazonにて新品で購入。映像特典は無し。数あるティム・バートン監督作品の中でも、「シザーハンズ」「バットマンリターンズ」に並んで好きな作品の為、久しぶりに観たくなり購入した。今観てみると主演のジャック・ニコルソンを筆頭に、グレン・クローズマイケル・J・フォックスピアース・ブロスナンダニー・デヴィートナタリー・ポートマンサラ・ジェシカ・パーカーなど出演者が超豪華でそれだけでも十分に楽しめる。しかもパム・グリアや若き日のジャック・ブラック、なぜかイエジー・スコリモフスキーなどがちょい役で出演しており、油断できない。

f:id:teraniht:20210204153349j:imagef:id:teraniht:20210204153353j:image
作品としては、ティム・バートンの悪趣味と個性が炸裂したB級SF映画だが、50年代SF映画オマージュに溢れたぎこちない動きのCG宇宙人など、とにかく画面を構成する全てが愛らしい。すぐに光線で骨にされるマイケル・J・フォックスや、首だけになったピアース・ブロスナンサラ・ジェシカ・パーカーのキスシーンなど、今の丸くなったティム・バートンでは到底作れない作品だろう。公開当時の本国アメリカでは、ティム・バートン監督史上最悪の作品と酷評されたらしいが、この映画に貫かれたブラックユーモアの感覚と独特のセンスは、「アリス・イン・ワンダーランド」以降の監督作の出来を考えると改めて貴重だった感じる。トム・ジョーンズの本人役出演も笑えるし、個人的には多分10年後も20年後もずっと好きな映画だと思う。


監督:ティム・バートン

出演:ジャック・ニコルソングレン・クローズマイケル・J・フォックスピアース・ブロスナン

日本公開:1997年