映画を観て音楽を聴いて解説と感想を書くブログ

エンタメ系会社員&バンドマンの映画ブログです。劇場公開されている新作映画の採点付きレビューと、購入した映画ブルーレイの紹介を中心に綴っていきます!

映画ブルーレイ購入記&感想:「8 1/2」

映画好きが購入したブルーレイを、メモ代わりにブログに残していく記事。今回は106本目。タイトルは、フェデリコ・フェリーニ監督による作品「8 1/2」。ヤフオクにて中古で購入。映像特典としては、「フェデリコ・フェリーニ インタビュー」、「オリジナル劇場予告編」、「ドキュメンタリー ザ・ロスト・エンディング」で、約70分ほどが収録されている。「インタビュー」では、同じくイタリアの映画監督の”ルキノ・ヴィスコンティ”や”ロベルト・ロッセリーニ”について語ったり、幼いころから夢の落書きばかりしていたとか”創作や芸術”についての持論を語っている映像となっている。「ドキュメンタリー」は、本編でカットされた”幻の列車シーン”について監督本人や関係者が語ったドキュメンタリー映像で面白い。また封入特典として、中条省平が寄稿している「12ページ特製ブックレット」が封入されている。

f:id:teraniht:20210512090711j:imagef:id:teraniht:20210512090714j:image
作品としては、イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニの代表作として知られ、1964年の第36回アカデミー賞では「外国語映画賞」を受賞している自伝的作品。日本初公開は1965年だが、2008年にはオリジナルネガを完全修復してよみがえらせたニュープリント版が公開されており、本商品はそれをブルーレイ化しているようだ。美形俳優のマルチェロ・マストロヤンニ扮する映画監督グイドはフェリーニの投影だと言われており、彼が苦悩しながらラストは再生する物語だが、幻想と現実が入り乱れる映像の数々とシュールなストーリー展開はたびたび「難解」だと評されている。だが、美しい白黒映像に描き出される幻想的なビジュアルが楽しめる、フェデリコ・フェリーニの代表作の一本だろう。「人生は祭りだ、共に生きよう。」というコピーの通り、開放感のあるラストシーンは必見だ。

 

監督:フェデリコ・フェリーニ

出演:マルチェロ・マストロヤンニ、アヌーク・エーメ、サンドラ・ミーロ

日本公開:1965年