映画を観て音楽を聴いて、感想を書くブログ

エンタメ系会社員&バンドマンが綴る、映画と音楽のブログです。劇場公開されている新作映画を中心に綴っていこうと思います。

「ジョジョ・ラビット」を観た(完全ネタバレ&解説アリ)

ジョジョ・ラビット」を観た。

f:id:teraniht:20200120220849j:image

監督:タイカ・ワイティティ

出演:ローマン・グリフィン・デイヴィス、サム・ロックウェルスカーレット・ヨハンソン

日本公開:2020年

 

マイティ・ソー バトルロイヤル」のタイカ・ワイティティ監督による、第44回トロント国際映画祭で最高賞である観客賞を受賞し、第92回アカデミー作品賞にもノミネートされているヒューマンコメディ。製作は「シェイプ・オブ・ウォーター」や「スリービルボード」のFOXサーチライト・ピクチャーズ。彼らはまたもや個性的な作品を世に送り出したと思う。第2次世界大戦下のドイツが舞台であり、一瞬取っつきにくい映画かと思うが全くそんな事はなく、主人公ジョジョの可愛さとコメディ的な演出が相まって、上映時間はあっという間に過ぎるだろう。ジョジョ役をローマン・グリフィン・デイビス、母親役をスカーレット・ヨハンソン、教官のクレツェンドルフ大尉役をサム・ロックウェルが演じており、ワイティティ監督はユダヤ系であるにも関わらず、自らがジョジョのイマジナリーフレンドであるアドルフ・ヒトラーに扮している。今回もネタバレありで

 

あらすじ

第2次世界大戦下のドイツに暮らす10歳のジョジョは、空想上の友だちであるアドルフ・ヒトラーの助けを借りながら、青少年集団「ヒトラーユーゲント」で、立派な兵士になるために奮闘する毎日を送っていた。しかし、訓練でウサギを殺すことができなかったジョジョは、教官から「ジョジョ・ラビット」という不名誉なあだ名をつけられ、仲間たちからもからかいの対象となってしまう。母親とふたりで暮らすジョジョは、ある日家の片隅に隠された小さな部屋に誰かがいることに気づくが、それは母親がこっそりと匿っていたユダヤ人の少女だった。

 

感想&解説

2020年日本公開作品の豊作ぶりは、ただ事ではない。「パラサイト 半地下の家族」「フォードvsフェラーリ」「リチャード・ジュエル」と続いて、この「ジョジョ・ラビット」である。評論家はもちろん、観客からの評価も高い為、今回は期待を持って鑑賞したがこの評価も頷ける傑作であった。まずオープニングのビートルズ「I Want to Hold Your Hand」のドイツ語バージョンに驚かされる。これは実際に、西ドイツのレコード会社から依頼されて、ビートルズが1964年にリリースしたバージョンである。映画で使用されているのを初めて聴いた。当時の「ビートルズ」に熱狂する人々と、ヒトラーを信仰するドイツ人を交互に見せていくことからも、「この映画はコメディですよ」という監督からの宣言に取れるが、ここから本作のユニークな雰囲気がすでに漂ってくる。

 

主人公はジョジョという10歳の男の子だ。誰しも子供の頃に、空想の友達「イマジナリーフレンド」と頭の中で会話した事が一度や二度はあるだろうが、それがこのジョジョにとってあの「アドルフ・ヒトラー」だという設定がこの作品を個性的なものにしている。ジョジョは、まるでヒーローのようにヒトラーを敬愛しているのが映画冒頭から描かれるのだが、子供にとって教育による刷り込みは絶対なのだろう。「ヒトラーユーゲント」という学校で教わるナチズムの結果が彼の思想に大きく影響しているという描写の中で、子供たちを集めてのユダヤ人への間違った洗脳やナイフを持たせての暴力、本を喜々として焼く行為などは、基本的にはドイツ人たちをバカバカしいコメディタッチで描いてはいるが、それでも観ていて背筋が凍る思いがする。

 

だが、この「ヒトラー万歳」の陰惨な世界において、ジョジョにとっても観ている観客にとっても救済となるのが、スカーレット・ヨハンソンが演じるジョジョの母親ロージーだ。彼女はユダヤ人の女性エルサを家の2階に匿っているのだが、彼女が息子ジョジョに伝える言葉と行動のひとつひとつが、「人を愛する事とは」「人生の価値とは」を明確に表現している。映画序盤、ジョジョヒトラーの信仰者の為、母親の価値観とぶつかるシーンが度々ある。だが10歳の息子に対して、そしてユダヤ人であるエルサに対して、いつもユーモアを忘れず深い愛を持って接している彼女の姿には、強く心を揺さぶられる。ロージージョジョの靴ひもを結んであげる姿が、劇中繰り返しリフレインされるが、ラストシーンでジョジョが靴ひもを結んであげる相手は誰か?から、彼の「男としての成長」が画的に表現されている。今回、スカーレット・ヨハンソンはアカデミー助演女優賞にノミネートされているが、ぜひ受賞してほしい。

 

また、もう一人忘れられないキャラクターが、サム・ロックウェル演じるK大尉だ。このキャラクターが非常に多面的で面白い。一見、タカ派ゴリゴリのナチズム信仰者のように見えるが、実は序盤の本を焼くシーンで見せる虚無感に似た表情からも、すでに彼が行動とは違った感情を持っていることが示唆されている。いつも部下の男性と一緒に行動しており、バカな軍服のデザインを考えているかと思えば、いつも事態をはぐらかすといったコメディリリーフの役回りなのだが、彼はLGBTなのだろう。男性部下とのあるシーンでのちょっとした仕草から、それが表現されているのだが、当時のナチスは同性愛も迫害していたことから、迫害される者の気持ちが理解できるという表現が繊細になされている。最終的に彼はユダヤ人女性エルサもジョジョの命も、自らを犠牲にして救ってくれるのだ。

 

カメラが子供目線で進む先に母親ロージーの「靴」を見つけたときの衝撃は、スティーブン・スピルバーグ監督の傑作「シンドラーのリスト」における赤い服の女の子に匹敵するインパクトだと思うし、ラストシーンのジョジョとエルサがダンスするシーンの多幸感は、まるでジョン・カーニー作品のようだ。ちなみにその曲はデヴィッド・ボウイの「ヒーローズ」ドイツ語版。この曲は、「ベルリンのスタジオから見えた、壁の前で逢い引きする男女の光景」からインスピレーションを受けたと生前のデヴィッド・ボウイは語っている。歌詞は、「あの壁の傍らに立って 頭上でいくつもの銃声が轟くなか 僕らはキスを交わした 何事もないかのように 僕らはうち倒せる、いつまでも永遠に そうすれば僕らは英雄になれるかもしれない、たった一日だけなら(歌詞カードから一部抜粋)」、この作品の幕引きに相応しい楽曲だろう。

 

過去にナチズムを糾弾した作品は多数あった。だが、まだ違う表現方法があったのかと「映画」というメディアに新しい可能性を示した作品としても、本作は高い価値がある気がする。ドイツ人役が全員英語を話しているという違和感が最初はぬぐえなかったが、ストーリーに引き込まれてそのうち気にならなくなった。また、最後に主人公のジョジョを演じた、ローマン・グリフィン・デイヴィスくんがとてつもなく可愛いのも記載しておきたい。本作も2020年度のアカデミー作品賞にノミネートされているが、本当に今年は各ノミネート作品が強すぎて予想がつかない。本作も映画ファンなら必見の素晴らしい作品だった。

「リチャード・ジュエル」を観た(完全ネタバレ&解説アリ)

「リチャード・ジュエル」を観た。

f:id:teraniht:20200119154546j:image

監督:クリント・イーストウッド

出演:ポール・ウォルター・ハウザー、サム・ロックウェルキャシー・ベイツ

日本公開:2020年

 

アメリカ映画界を代表する巨匠クリント・イーストウッドが、制作40作目に選んだ題材は1996年のアトランタ爆破テロ事件の真実を描いたヒューマンドラマだ。現在イーストウッドは89歳という事で、前作「運び屋」からのインターバルを考えると驚異的な制作意欲だろう。主人公リチャード・ジュエルは、「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のろくでなしを演じていたポール・ウォルター・ハウザー、母ボビを名作「ミザリー」のキャシー・ベイツ、弁護士ブライアントを「スリー・ビルボード」の警官役が記憶に新しいサム・ロックウェルが演じており、それぞれ好演を見せている。今回もネタバレありで。

 

あらすじ

96年五輪開催中のアトランタで、警備員のリチャード・ジュエルが公園で不審なバッグを発見する。その中身は、無数の釘が仕込まれたパイプ爆弾だった。多くの人々の命を救い一時は英雄視されるジュエルだったが、その裏でFBIはジュエルを第一容疑者として捜査を開始。それを現地の新聞社とテレビ局が実名報道したことで、ジュエルを取り巻く状況は一転してしまう。FBIは徹底的な捜査を行い、メディアによる連日の加熱報道で、ジュエルの人格は全国民の前で貶められていく。そんな状況に異を唱えるべく、ジュエルと旧知の弁護士ブライアントが立ち上がり、ジュエルの母ボビと共に無実を訴えていく。

 

感想&解説

とてもシンプルでストレートな映画だ。予告編を観れば、ある程度のストーリー展開は読めるだろうし実話という事もあり、その通りにお話は進んでいく。そもそも、主人公のリチャード・ジュエルが犯人ではない事は観客全員が知る事になるし、この爆弾を置いた犯人探しにフォーカスするわけではないので、サスペンス要素も薄い。もっと言ってしまえば、この冤罪事件も最後はリチャードの疑いが晴れることを知っているので、この作品はストーリーの面白さを観に行く映画ではないのである。


では、どういう映画かと言えば、イーストウッドが過去にも何度も描いてきた「普通のアメリカ人」が突然、ある「大きな力」によって窮地に追い込まれ、その「大きな力」のあまりの理不尽さによって、「自分の身にこれが起こったらどうなるのだろう?」と観客に思考を促すタイプの作品なのである。もちろん、今回はFBIをはじめとする「権力」と「メディア」が理不尽さの化身だ。劇中、犯人が特定できずに焦ったFBIによる、あまりに強引な捜査には呆れるばかりだが、それよりもリチャードや母親を精神的に追い込んでいくのは、むしろメディアによる報道である。


イーストウッドは、リチャード・ジュエルが無実なのにもかかわらず、まるで犯人であるかのように報道され、世間ではそれが事実のように広まっていく様を、これでもかと丹念に描いていく。それは過去にここ日本でも冤罪事件として報道された、多くの事件を観客に想起させるだろう。特にSNSが普及した今だからこそ、インターネットに掲載されている有象無象の情報に対して、僕たちがどういう判断をするべきかを問われているような気がする。


劇中、サム・ロックウェルが演じる弁護士が、FBIの強引な捜査に対して協力的なリチャードに、「もっと怒れ、なめられて悔しくないのか」と大声を出すと、「悔しい。だが僕は僕だ」と答えるシーンがある。それが、ラストシーンで相変わらず横暴なFBIに対して、リチャードが放つセリフが素晴らしい。「真犯人は今もまだどこかにいる。そしてまた爆弾を置くかもしれない。だが今回の事件を通して、これからもし警備員が不審物を見ても、自分と同じように逮捕されると思って逃げ出すでしょう。もっと成すべきことをしてください。自分が犯人だという証拠はなんですか?」、リチャードがついに権力と戦い始めたのだ。それを聞いたサム・ロックウェルの笑顔が印象深い。


母親役キャシー・ベイツの名演も忘れがたい。特にマスコミへの偽らざる気持ちを語った演説シーンは、なぜこんなにナチュラルに母親の愛情を表現できるのか?と、改めて名女優のスキルに驚くとともに「現代のメッセージ」として胸に刺さった。「ゲス野郎にはなるな、権力は人をモンスターにする。」とは劇中の弁護士のセリフだが、「ハドソン川の奇跡」や「15時17分、パリ行き」といった近作を観ていると、これはイーストウッドの今の素直な気持ちなのかもしれない。派手さはないが、真摯に手堅く名作を作り続ける89歳の映画監督は、もはや賞レースや名声といったエゴとは遠い世界で映画を作り続けている気がする。ぜひ、あと10年は作り続けて欲しい。

「フォードvsフェラーリ」を観た(完全ネタバレ&解説アリ)

「フォードvsフェラーリ」を観た。

f:id:teraniht:20200118232446j:image
監督:ジェームズ・マンゴールド

出演:マット・デイモンクリスチャン・ベイルジョン・バーンサル

日本公開:2020年

 

3時10分、決断のとき」のジェームズ・マンゴールド監督が放つ、1966年のル・マン24時間レースをめぐる実話を映画化した伝記ドラマ作品。主演はマット・デイモンクリスチャン・ベイルという贅沢なキャスティングである。ジェームズ・マンゴールドの非常に手堅い演出が光る傑作であった。今回もネタバレありで。

 

あらすじ

カーレース界でフェラーリが圧倒的な力を持っていた1966年、エンジニアのキャロル・シェルビー(マット・デイモン)はフォード・モーター社からル・マンでの勝利を命じられる。敵を圧倒する新車開発に励む彼は、型破りなイギリス人レーサー、ケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)に目をつける。時間も資金も限られた中、二人はフェラーリに勝利するため力を合わせて試練を乗り越えていく。

 

感想&解説

個人的には、カーレースには全く興味がない為、観るまでは楽しめるかどうかが微妙な気持ちだったが、結論、車に興味がない人でも充分に満足できる、素晴らしい作品だった。「ロッキー」がボクシングに興味がなくても楽しめるのに似ていて、映画のテーマがル・マン24時間耐久レースというだけで、本当に制作者たちが描きたいのは(陳腐な表現なのは重々承知のうえだが)、結局は「人間」なのだと思う。


一度はドライバーとしての夢を絶たれたマット・デイモン演じるキャロル・シェルビーが、天才ドライバーであるクリスチャン・ベイル演じるケン・マイルズと、時に反目しあいながらも固い友情で結ばれ、フォード陣営としてル・マンで優勝する事を目指すストーリーなのだが、正直タイトル通りに「フォード」と「フェラーリ」が、会社のプライドをかけて戦うという展開の映画ではない。フォード社の中で行われる社内政治と戦う二人という側面が大変に強く、いわゆる自動車の開発力やドライバーのリクルーティングといった、自動車業界の裏側的な要素を期待すると、肩透かしを食うだろう。


まず、ジョシュ・ルーカス演じるフォード副社長がケン・マイルズを目の敵にして、ことごとく行く手を遮るのがベタな展開だが腹が立つ。これは、この作品を通してキャロル・シェルビーとケン・マイルズという、自らの仕事に情熱とプライドを持った、カッコいい男たちに完全に感情移入させられているからこその気持ちだろう。それから、もう一人忘れられないのは、ケン・マイルズの奥さんであるモリー・マイルズだ。演じるのは、元モデルのカトリーナ・バルフ。とにかく、このキャラクターが素晴らしい。完全に人生のパートナーとして、夫に寄り添い激励し、時には甘えさせて、苦難を一緒に歩んでいく。特に自分が出場出来なかったル・マンのレースを、深夜の職場でこっそりラジオで聴いているケンに夜食を持って現れるシーンは、あまりにロマンチックなシーンでウットリしてしまった。


全編にわたる、カーレースシーンの迫力はCGに極力頼らない実写の迫力に溢れていて、過去の名作レースアクションと比べても、頭ひとつ抜き出てた出来だと思う。特に雨の中での攻防戦は、本当に目の前でレースを観ているように手に汗握る。ル・マンという耐久戦ならではのチームワークや頭脳戦も描かれていて面白いし、終盤のケンが取る行動にも素直に感動させられる。とにかく映画としての演出レベルが高いので、ほとんど間伸びするシーンがないのだ。ジェームズ・マンゴールド監督の手腕には感服である。


友情物語としても優れたクオリティを見せる本作は、第92回アカデミー作品賞にもノミネートされているが、それも納得の名作であった。今年は競合が強すぎるため、恐らく作品賞受賞はないだろうが、それでもこの映画の価値は変わらない。このマット・デイモンクリスチャン・ベイルの共演作は、古き良きエンターテインメント作品の風格を持った、稀に見る傑作だったと思う。

「パラサイト 半地下の家族」を観た(完全ネタバレ&解説アリ)

「パラサイト 半地下の家族」を観た。

f:id:teraniht:20200105233828j:image

監督:ポン・ジュノ

出演:ソン・ガンホ、イ・ソンギュン、チョ・ヨジョン

日本公開:2019年

 

第72回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した、韓国映画界の鬼才ポン・ジュノ監督の新作。劇場公開作品としては「スノーピアサー」以降約5年ぶりの新作となる。今回は新年一発目、先行上映を鑑賞してきた。とにかく評価の高い作品で、海外の批評サイトや映画人から絶賛の声が並んでいる事と、あの「殺人の追憶」や「母なる証明」のポン・ジュノ新作という事で、並々ならぬ期待を込めての鑑賞となった。世間の評価と裏腹に個人的にはちょっと辛口の感想になったが、今回もネタバレありなので、ご注意を。

 

あらすじ

キム一家は家族全員が失業中で、その日暮らしの貧しい生活を送っていた。そんなある日、長男ギウがIT企業のCEOであるパク氏の豪邸へ家庭教師の面接を受けに行くことになる。そして妹ギジョンも、兄に続いて豪邸に足を踏み入れる。正反対の2つの家族の出会いは、想像を超える悲喜劇へと猛スピードで加速していく。

 

感想&解説

上映前に監督自身のコメントが流れ、とにかく「ネタバレしないで」と訴えていたのが印象的だが、観終えた今となっては、どこがネタバレのポイントなのかがよく分からない。いわゆる「シックスセンス」における、ブルース・ウィリスの「アレ」的などんでん返しがある作品なのかと身構えたが、実際には全くそういう映画ではない。ただストーリーとしては、かなりツイストが効いており、最終的にどこに連れて行かれるのかと観ている間中、ワクワクするのは確かだ。ジャンルはサスペンスコメディだろうか。笑えるシーンがかなり多いのも本作の特徴と言える。


ソン・ガンホ演じる父親を中心とする貧困層の4人家族が、金持ち一家であるパク宅の家庭教師や運転手として徐々に取り入っていき、寄生(パラサイト)するというのが、ストーリーの前半で描かれる。この映画は特に前半部の演出が秀逸で、彼らがどんな生活をしているのか?家族のそれぞれがどんな性格なのか?が、説明台詞に頼らず映像だけで観客に過不足なく伝わる。特に金持ち一家の長女の家庭教師として取り入る、長男役のチェ・ウシクが非常に良い。貧困には窮しているが、この家族はそれぞれ切れ者で、あれよあれよと元からいた使用人たちを退職に追いやり、自分たちの職を得ていく。


そして中盤以降、この屋敷には主人たちも知らない秘密の地下室があり、そこに元家政婦の夫が隠れ住んでいる事が発覚してから、ストーリーは大きく動き出すのだが、反面この映画の弱点が目立ち始めるのもここからだ。元家政婦夫婦にソン・ガンホの家族が金持ち一家にパラサイトしている事がバレて、それをバラすバラさないのドタバタが始まると、その拍子に元家政婦が階段から落ちて瀕死になってしまうという展開になるが、お互いに秘密を持っている関係性で、なぜ元家政婦夫婦とソン・ガンホ一家が争う必要があるのか?が、まずよくわからない。どちらかの秘密がバレた時点で、もうお互いの目的は達成出来ないだろうからだ。


さらにそこに金持ち一家のパク一家が外出から戻り、彼らにもこの騒動がバレないように取り繕うという、シチュエーションコメディ的な展開となる。ここでも、末っ子のトランシーバーの小道具は伏線で活かされそうなのに特に意味を成さず、彼はボーイスカウトでモールス信号が使える為、元家政婦の旦那からの「助けて」という信号を解読出来たのにそれはスルーされ、突然の大雨が降り家族は下水の中動き回って、避難場所で寝たにも関わらず、次の日には綺麗な格好でまたパク一家のパーティーに参加している。この後半以降はなんとも言えないチグハグ感が、画面に付き纏うのである。


そして、終盤のソン・ガンホがパク社長を刺し殺すシーンだが、もちろんこの作品が韓国の貧富格差を描いており、パク社長が語る臭いや車のキーを巡る一連の言動など、苦しい生活を送っている国民として、さらに父親としてその動機がある事は分かるが、正直、僕には最後までパク社長がそこまで悪人には見えなかった為、家族想いで子煩悩な成功者が主人公の逆ギレで殺されてしまったという展開に見えてしまった。当然、勧善懲悪な作品ではないのでそういう展開でも良いのだが、貧富格差というメッセージ性を描きたいのであれば、もう少し富裕層が持つ差別意識や利己主義な部分を描かないと、この展開の意味が薄くなるし、主人公キャラクターの行動に感情移入出来ない。ここは少し勿体ないと感じた。


ラストシーン、地下に隠れているソン・ガンホを、金持ちになった長男が救うのかと思わせて、それもまた想像という展開は意表をついていてフレッシュだったと思う。ちょっと辛辣な感想を書いてきたが、この作品は間違いなく面白い。観ている間中、先の展開が気になって仕方ないし、各登場キャラクター達は魅力的だ。演出も上手いし、さすがパルムドール受賞作だと思う。エンターテイメント作品としての強度はかなり高いだろう。だが、あまりにポン・ジュノ監督最新作への期待が高過ぎたのかもしれない。思ったよりもこじんまりとした佳作として、僕には感じられてしまった。劇場公開されたら、もう一度トライしてみたいと思っている。

2019年劇場で観た映画ランキング ベスト20を発表!(10位〜1位)

今回は2019年映画ランキングの10位から1位を発表!2019年に映画館で観た新作だけに絞って、年間ベストを発表したい。Netflixで配信された「ローマ」や「アイリッシュマン」も素晴らしい作品だったが、劇場では観ていないので対象外とした。ランキングは個人の主観なので、皆さんとの違いを楽しんでもらえたらと思う。来年も良い映画に出会えたらいいなと思いつつ、では10位から順番に発表!今年もありがとうございました!

 

10位 ハッピー・デス・デイ/ハッピー・デス・デイ2U

B級ホラーの皮を被った、超エンターテイメントサスペンスの傑作。タイムリープものだが、飽きさせない仕掛けが随所に散りばめられており、作り手たちの創意に頭が下がる。二作連続の鑑賞がオススメ。

www.teraniht.xyz

9位 グリーンブック

アカデミー賞で全5部門でノミネートし、作品賞に輝いた、問答無用の傑作。黒人差別をテーマにしているが暗くなり過ぎず、魅力的なキャラクターが描かれているという、作品賞のお手本のような映画。

www.teraniht.xyz

8位 アルキメデスの大戦

今年の菅田将暉はすごい活躍だったが、本作も彼の勢いを象徴する、素晴らしい作品だった。戦争をテーマにしているが、ジャンルはサスペンスだろう。戦争映画だと思って、敬遠するのはもったいない頭脳派作品。

www.teraniht.xyz

7位 EXIT

韓国の本気エンターテイメント作品。確実に観る人を満足させるのだという、作り手の気概が伝わってくるのが嬉しい。アクションでハラハラドキドキしたいなら、これ。

www.teraniht.xyz

6位 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

クエンティン・タランティーノ監督の第9作目は、レオナルド・ディカプリオブラッド・ピットが共演するという豪華な一作。だが、それだけに止まらないタランティーノのハリウッドへの愛が溢れた快作だった。

www.teraniht.xyz

5位 サスペリア

ダリオ・アルジェントの1977年の傑作「サスペリア 」を同じイタリア人監督ルカ・グァダニーノがリメイク。混沌と美しい、この独特の世界観を楽しめる人には、堪らない一作。トム・ヨークのサントラも極上。

www.teraniht.xyz

4位 スパイダーマン:スパイダーバース

今年一番の拾い物は本作かもしれない。観る前は全く期待していなかったが、映画の表現はまだまだ広げられるのだという可能性を見せてくれた一作。

www.teraniht.xyz

3位 女王陛下のお気に入り

18世紀イングランド版「大奥」とも言えるドロドロの王宮人間ドラマを、オリビア・コールマン、エマ・ストーンレイチェル・ワイズが熱演。ヨルゴス・ランティモス監督の間違いなく出世作になるだろう。

www.teraniht.xyz

2位 バイス

クリスチャン・ベイルが、実在の政治家ディック・チェイニーになり切り、体重を20キロ増量して演じ切った、政治風刺コメディ。「マネー・ショート」に続く、アダム・マッケイ監督の大傑作。

www.teraniht.xyz

1位 ジョーカー

もう2019年の第1位は、この「ジョーカー」で決まりである。トッド・フィリップス監督とホアキン・フェニックスが、後世に残るこの傑作を作り上げてくれた事に感謝しかない。必見。

www.teraniht.xyz


それでは皆様、良いお年を!