映画を観て音楽を聴いて、感想を書くブログ

エンタメ系会社員&バンドマンが綴る、映画と音楽のブログです。劇場公開されている新作映画を中心に綴っていこうと思います。

「蜘蛛の巣を払う女」を観た(完全ネタバレ&解説アリ)

蜘蛛の巣を払う女」を観た。

f:id:teraniht:20190115012336j:image
監督:フェデ・アルバレス

出演:クレア・フォイ、スヴェリル・グドナソン、シルヴィア・フークス

日本公開:2019年


原作「ミレニアム」は累計9,900部以上の売り上げを誇るベストセラー小説で、スウェーデンでは三作が映画化されている。ハリウッドでも8年前の2011年に、原作一作目にあたる「ドラゴン・タトゥーの女」が、デヴィッド・フィンチャー監督で制作され、主人公リスベット役をルーニー・マーラ、そしてジャーナリストのミカエル役をダニエル・クレイグというリッチな配役で映画化されていた。今回フィンチャーは製作総指揮のポジションで、監督はフェデ・アルバレス。2013年の「死霊のはらわた」で長編デビューし、2016年に「ドント・ブリーズ」という傑作ホラーで名を馳せた監督だ。本作は「ミレニアム」4作目を映画化しており、主演はクレア・フォイ。原作は未読である。今回もネタバレありで。

 

あらすじ

冬のスウェーデンストックホルム。ドラゴンのタトゥーを背負った天才ハッカーのリスベット(クレア・フォイ)は、ある依頼を受けてアメリカ国家安全保障局のシステムから、核攻撃プログラム「ファイアーフォール」の暗号データを盗み出す。しかし、謎の侵入者に襲われ強奪されてしまう。ジャーナリストのミカエル(スヴェリル・グドナソン)らの協力のもと奪還を試みるものの、リスベットは事件の黒幕である闇の組織「スパイダーズ」に捕獲される。そして、16年前に生き別れた双子の妹カミラ(シルヴィア・フークス)と再会する。

 

感想&解説

2011年のフィンチャー監督作「ドラゴン・タトゥーの女」とは良くも悪くも違う作風の映画だと思う。本作は前作にあった「ハリウッド大作感」と「格調高さ」がかなり薄まり、もっと軽い小品に寄った作品だと感じた。ただカットが早くて編集のテンポも良いし、あまりダラダラと分かりきった事を描かず、セリフに頼らない編集は好感が持てる。白と黒(と赤)を基調とした色彩設計の画面からはクールな印象を受け、原作のリスベットというキャラクターの世界観と近いのかもしれない。


アクションシーンも結構頑張っており、スウェーデンの寒々としたロケーションで、氷の張った湖をバイクで走り抜けるシーンやリスベットの隠れ家が爆破されるシーンなども全体的に画面が美しく、特に冒頭でDVをする男を懲らしめるリスベットの登場シーンは素直にカッコいい。さらに全体的にストーリーも悪くない。適度にツイストが効いており、飽きない程度にアクションシーンが挟みこまれ、上映時間中に退屈することはないだろう。非常に丁寧に作られた作品だと思う。


ただやはり、かなりインパクトは薄い作品と言えると思う。前作「ドラゴン・タトゥーの女」のオープニングで、レッド・ツェッペリンの「移民の歌(Immigrant Song)」をヤー・ヤー・ヤーズカレン・Oがカバーしていたが、あの高いテンションは本作には無い。これは主演女優がルーニー・マーラからクレア・フォイに変更されているというのが大きいと思う。この女優が演じるリスベットには、とにかく派手さがない。もちろんタトゥーやピアスといった「リスベットっぽい格好」はしているが、髪型や眉毛は普通で行動もおとなしく、どこにでもいる可愛いロック好き女子といった感じで物足りない。やはりリスベット役はもう少し毒っ気があった方が良いと思う。


またハッカーという設定があまりに都合良すぎて、本作のハッキングとITの万能感は凄まじい。事もなく相手の行き先から屋敷の構造まで全てを割り出してしまうし、後半はSF映画のような射撃シーンも登場し、これはちょっと行き過ぎかなぁという感想だ。また男性キャラのミカエルも、前作のダニエル・クレイグと比べるのは酷だが、あまりに活躍の場がなく地味である。今回の悪役カミラを演じるシルヴィア・フークスも「ブレードランナー2049」のラヴ役だった女優だが、赤の衣装は映えているが、そこまでの悪には見えなく、最後は同情すらしてしまう半端なキャラクターだった。今作は全体的にキャスティングに難がある気がする。


フェデ・アルバレス監督の前作「ドント・ブリーズ」は、彼のやりたい事が観客に伝わってくる傑作だったが、今作はちょっと作品のバジェットが大きくなり、無難に丸くなってしまった印象だ。恐らく今後もシリーズは続くと思うが、出来ればキャストは全員変更の上、もう一度デヴィッド・フィンチャーが監督した「ミレニアム」シリーズの二作目「火と戯れる女」と三作目「眠れる女と狂卓の騎士」の映画化が観たいと思う。決して悪くない作品だが、映画においてキャスティングがいかに重要かを改めて考えさせられた一作だった。

「クリード2 炎の宿敵」を観た(完全ネタバレ&解説アリ)

クリード2  炎の宿敵」を観た。

f:id:teraniht:20190113221001j:image
監督:スティーブン・ケイプル・Jr.

出演:マイケル・B・ジョーダンシルベスター・スタローンドルフ・ラングレンテッサ・トンプソン

日本公開:2019年


前作「クリード チャンプを継ぐ男」から、約3年ぶりの続編。監督はライアン・クーグラーから、新人のスティーヴン・ケイプル・Jr.にバトンタッチされている。ライアン・クーグラーといえば昨年、MCUの「ブラック・パンサー」を大成功に導き、今やヒットメーカーとして知られているが、「チャンプを継ぐ男」以前はデビュー作「フルートベール駅で」しか実績がないほぼ新人監督だった。今回のスティーヴン・ケイプル・Jr.の起用は、明らかに前作からの流れを汲んだ、アメリカンサクセスストーリーだろう。これがすでに「ロッキー的」だ。主演は前作同様にマイケル・B・ジョーダン。彼も「クリード」の後、「ブラック・パンサー」のキルモンガーというヴィランを演じ、今や大スターである。今回もネタバレ全開で。

 

あらすじ

ロッキーの指導の下、世界チャンピオンに上り詰めたアドニスに、かつて父アポロをリングで殺したイワン・ドラゴの息子ヴィクターとの対戦話が舞い込む。父に復讐を誓ったアドニスは、ロッキーの反対を押し切り因縁の一戦に臨むことにする。しかし試合はヴィクターの反則行為により勝利したものの、試合としては完敗を喫したアドニス。さらに婚約者のビアンカの出産も控え、父親になることへの不安も抱えていた。だがロッキーのアドバイスにより、父親となったアドニスは「ボクシングが自分そのものだ」と気づき、ついにヴィクターとの再戦を決意する。

 

感想&解説

邦題である「炎の宿敵」というタイトルからも示唆されるように、本作は「ロッキー4/炎の友情」からの流れを強く踏まえた作品だし、前作「チャンプを継ぐ男」も観ていないとキャラクター設定がチンプンカンプンだと思うので、過去のシリーズ作品はある程度観ていることが本作を楽しめる最低条件となっている。この事から、正式な邦題に「2」を外している事が、日本の配給会社は本当に不親切だなと感じる。ちなみに原題はそのまま「CREED 2」である。


さて内容であるが、「ロッキー4」でイワン・ドラゴというロシア(旧ソ連)のボクサーに、友であったアポロを殺され、そのリベンジとしてドラゴに勝利したロッキーだったが、今回そのドラゴの息子ヴィクターがボクサーとして成長しており、今度はロッキーの弟子であり、アポロの息子であるアドニスクリードに挑戦してくるのである。それは敗れたイワン・ドラゴが祖国から受けた雪辱や失われた尊厳に対する、ドラゴ親子からのリベンジマッチだ。そこに父親アポロをリングで殺されたアドニスのドラゴに対する復讐が絡み合うという構成となる。


正直、本作は上記のプロットから想像できる以のストーリー展開はないと言って良い。ロッキーシリーズの予定調和と、スポーツ映画のクリシェをなぞった展開に、正直途中まで退屈したのは否めない。ロッキーがセコンドに立たない段階で、初戦はアドニスがやられる展開は見え見えだし、その後でまたロッキーと厳しいトレーニングを積み、最後に勝利するパターンもシリーズで何回観たか分からない。アドニスに子供が出来て父親となり、背負うものができた彼が「自らの過去」を塗り替える為にリングに向かうという流れはもちろん感情移入出来るのだが、あまりに先の読めるストーリーに最終戦までは、大きな感動も無くスクリーンを眺めていた。


だが本作最大の感動ポイントは、最終ラウンドにあった。アドニスとヴィクターが満身創痍でパンチを繰り出しているが、アドニス優勢の状況。ヴィクターはフラフラになった状態だがまだ闘おうとしているその瞬間、なんとセコンドのドラゴがタオルを投げるのである。あれだけ勝利に執着し、息子を鍛えあげ、自分たちを見放した世間や妻に復讐を誓っていたドラゴがである。そして、その後息子を抱きしめる。ここで、僕は涙が溢れ出た。この物語は、アポロの息子であるアドニスのものだけでは無く、ドラゴ親子のストーリーでもあったのである。更に本シリーズとして初めてロッキーはリングに上がらず、アドニスに世代交代を告げる。そして、最後にロッキーは疎遠になっていた息子ロバートと再び向き合う。アドニスは産まれた娘と妻と共にアポロの墓の前に立ち、ドラゴ親子は2人寄り添いながらランニングをする。試合が終わっても彼らの人生は続くのである。


この物語は「自らの人生をどう選び、生きるのか?」を描いていると思う。前作「チャンプを継ぐ男」で、「自分の存在は間違いなんかじゃない」と自分を肯定したアドニス。そして、本作ではロッキーが、ドラゴ親子が、アドニスがそれぞれ自らの尊厳を賭けて人生の選択を行う。その必死で生き様を選ぶ様が観る者に感動を呼ぶのだと思う。本作でも感じた、あのロッキーのテーマが流れる瞬間の血が沸き立つ感覚は名残惜しいが、ロッキーシリーズという偉大な遺産は本作でもう幕を閉じて良いのでは?と個人的には感じた。それほど、本作のエンディングは見事だったと思う。

2018年劇場で観た映画ランキング ベスト20を発表!(10位~1位)

前回に引き続き、2018年劇場で観た映画ランキング ベスト20を発表。今回は10位~1位を発表!2018年も素晴らしい作品が多く公開されたが、今年のTOP10作品に関しては特に粒ぞろいの名作群だった気がする。あくまで個人の主観なのでご参考に!来年も本ブログをよろしくお願いします!

 

10位 ヘレディタリー/継承

アメリカの映画制作スタジオ「A24」が放つ最恐ホラー。これだけ怖いホラー映画というだけでも、この作品は観る価値があると思う。音の演出や意表を突くショッキングシーンなど、ホラー映画として観るべき点も多い。

www.teraniht.xyz

9位 レディ・バード

2018年度ゴールデン・グローブ賞で作品賞と主演女優賞の二冠、更にアカデミー賞でも5部門ノミネートという非常に高評価のヒューマンドラマ。その評価の高さも納得で等身大の女子高校生を表現しながら、その成長もしっかりと描いている、特に女性におススメの一本。

www.teraniht.xyz

8位 犬ヶ島

ウェス・アンダーソン監督の最新作。ストップモーションアニメの手法で制作されているがそれが独特の面白さを生んでおり、特に日本人の僕らとしてはかなり楽しめる作品となっていると思う。ジャパニーズカルチャーとポップカルチャーが融合した傑作。

www.teraniht.xyz

7位 スリー・ビルボード

フランシス・マクドーマンド主演の「怒り」と「赦し」の物語。とにかく抑揚の効いた演出と役者の演技が、高いレベルで融合した本年度を代表するヒューマンドラマ。セリフで語り過ぎない、映画的な演出が心に残る。

www.teraniht.xyz

6位 カメラを止めるな!

2018年の邦画を語る上で、絶対に外せない作品だろう。都内2館のみの公開だったにも関わらず、社会現象とも言える成功を収めた話題作。脚本の巧さにも驚かされた。

www.teraniht.xyz

5位 デトロイト

キャサリン・ビグロー最新作。アメリカの大都市デトロイトでの大暴動を背景とした、白人警官による黒人への不当な尋問シーンを描く。胃を締め付けられるような不快感が、この作品からのメッセージだと気付かされる。

www.teraniht.xyz

4位 バトル・オブ・セクシーズ

1973年に行われた天才女子テニスプレイヤーと現役を退いた55歳のテニスレジェンドが行った、有名な“男女対抗試合”を主題としたノンフィクションドラマ。単純な男女差別の問題提議に留まらない、非常に示唆に富んだ一作。

www.teraniht.xyz

3位 ペンタゴン・ぺーパーズ 最高機密文書

アメリカの新聞紙「ワシントン・ポスト」を舞台にした、史実に基づいた作品。スティーブン・スピルバーグ監督作品で、ゴールデングローブ6部門ノミネート、アカデミー賞2部門ノミネートの傑作ドラマ。メリル・ストリープの演技があまりに圧巻。

www.teraniht.xyz

2位 アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル

マーゴット・ロビー主演作。オリンピックの代表選手に選ばれながら、ライバル選手への襲撃事件などのスキャンダルを起こした実在のフィギュアスケータートーニャ・ハーディングの人生を描く。映画からの熱量がとても高く、編集と脚本が面白い為、グイグイ映画に引き込まれる。必見の傑作。

www.teraniht.xyz

1位 ミッション:インポッシブル/フォールアウト

こんなアクション映画をトム・クルーズ以外の誰に作れるというのか。危険なスタントを喜々として自ら行うトムから狂気すら感じる、シリーズ最高傑作だけでなく、アクション映画史を更新するレベルの作品。世界中でも選りすぐりの才能と資金を投入して作られた、映画制作者から「本気」を感じる最高のアクション映画。

www.teraniht.xyz

2018年劇場で観た映画ランキング ベスト20を発表!(20位~11位)

本ブログも三年目に突入。2018年のランキングはアート系/エンタメ系ともに粒揃いの作品が多く、選ぶのが本当に難しかった。今回も2018年に映画館で観た新作だけに絞って、年間ベスト20を発表したい。ちなみに今年の20位にギリギリでランクインしなかった次点作品は、「A GHOST STORY/ア・ゴースト・ストーリー」と「デッドプール2」。今回は20位から11位までを発表!

 

20位 聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア

映画トータルの完成度は別にして、忘れられない一作という意味では、本年度ナンバーワンかもしれない。ヨルゴス・ランティモス監督の不条理な世界観が炸裂した怪作。

www.teraniht.xyz

19位 検察側の罪人

木村拓哉二宮和也という二大スターと、原田眞人監督がタッグを組んで作り上げた、サスペンス映画。脚本の粗さは目立つが、演出の切れ味と役者の演技という意味では、本年度屈指の素晴らしい一作だった。

www.teraniht.xyz

18位 バーフバリ/王の凱旋

今年を代表するインド産アクション映画。応援上映なども頻繁に行われて、熱狂的なファンを多数生み出していた。アクションファン必見の超エンターテイメント大作。老若男女が楽しめる事、間違いなし。

www.teraniht.xyz

17位 女は二度決断する

家族を亡くした母の哀しみとその闘いを、女優ダイアン・クルーガーが渾身の演技で描くゴールデン・グローブ受賞作品。テーマは重いが、ストーリーの展開も含めて映画作品としてのクオリティーは非常に高い。

www.teraniht.xyz

16位 レッド・スパロー

ジェニファー・ローレンス主演のスパイものだが、アクションで魅せる作品ではなくハニートラップと知恵で生き抜く女性スパイの姿を描いており、他作品との強烈な差別化を生んでいる。先の読めないストーリーも魅力だった。

www.teraniht.xyz

15位 search/サーチ

映画全編に亘って、PCの画面だけで構成されているという異色作。だが、そういった見せ方だけに頼らない、しっかりとしたシナリオと演出で楽しませてもらえる、娯楽作としても一流な作品。

www.teraniht.xyz

14位 ビューティフル・デイ

ホアキン・フェニックス主演。女性監督のリン・ラムジーがメガホンを取り、カンヌ映画祭でも高い評価を得ている本作。映画全体に濃厚な死の気配が立ち込めており、本作での「愛はかげろうのように」がかかるシーンは、個人的には本年度ベストワンの美しさだった。

www.teraniht.xyz

13位 ボヘミアン・ラプソディ

イギリスの伝説的バンド「クイーン」とフレディ・マーキュリーの生き様に迫った作品で、日本では今だに大ヒットを飛ばしている。ラストのライブシーンに向けてドライブしていく作りは見事で、ファンならずとも号泣必至。

www.teraniht.xyz

12位 ジュラシック・ワールド/炎の王国

シリーズ5作目にして、これほど面白い作品が観れるとは嬉しい驚き。次の6作目がこれほど楽しみなシリーズに押し上げられただけでも、この作品の価値は高い。

www.teraniht.xyz

11位 テルマ

ノルウェー産サスペンスの傑作。全くノーマークでの鑑賞だったので、あまりに高い完成度に驚かされた。ヨアキム・トリアー監督の芸術性と娯楽性が融合した、派手さはないが記憶に残る素晴らしい作品。

www.teraniht.xyz


次回更新は10位から1位のランキングを発表します!!

「来る」を観た(完全ネタバレ&解説アリ)

「来る」を観た。

f:id:teraniht:20181208214544j:image

監督:中島哲也

出演:岡田准一松たか子黒木華小松菜奈妻夫木聡

日本公開:2018年


嫌われ松子の一生」「告白」の中島哲也監督の新作が、前作「渇き。」以来4年ぶりに公開となった。原作は澤村伊智著で、2015年の日本ホラー小説大賞の大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」。主演は、オカルトライター役の岡田准一イクメンを理想とする父親役として妻夫木聡、謎の凄腕霊媒師役として松たか子など、そうそうたる役者陣が共演している。企画/プロデュースは、「君の名は。」を大ヒットに導いた川村元気。PG12作品。原作は未読のため映画だけを観た感想となるが、ネタバレ全開なのでご注意を。

 

あらすじ

恋人の香奈との結婚式を終え、幸せな新婚生活を送る田原秀樹(妻夫木聡)の会社に謎の来訪者が現れ、取り次いだ後輩に「知紗さんの件で」との伝言を残していく。知紗とは妊娠した妻香奈(黒木華)との間にできた娘の為に決めたばかりの名前で、来訪者がその名を知っていたことに、秀樹は戦慄を覚える。そして来訪者が誰かわからぬまま、取り次いだ後輩が謎の死を遂げるが、それから2年、秀樹の周囲で不可解な出来事が次々と起こる。不安になった秀樹は知り合ったオカルトライター(岡田准一)から強い霊感を持つ真琴(小松菜奈)を紹介してもらうが、真琴は秀樹の周りから得体の知れぬ強大な力を感じる。そのあまりの邪悪な力に真琴だけでは歯が立たず、さらに強力な霊媒師である真琴の姉、琴子が遂に動き始める。

 

感想&解説

中島哲也監督の作品は、どれも評価の賛否が分かれる気がする。なんというか、非常に派手なデコレーションに彩られた世界観の中で、現実から浮遊したようなキャラクターが会話し活劇しているという感じで、そこにリアルな実在感のようなものは薄い。だが、それ故のポップさや毒々しさが魅力で、エンターテイメント作品として一定の満足感は得られるという作風だろう。個人的には決して熱心なファンとは言えず、「告白」や「渇き。」などはあまり感心しなかったクチだ。では、本作「来る」はどうだったかと言えば、やはり「いつも通りの中島作品だった」という感想になってしまう。


正直、予告編を観た段階ではかなり期待度は高く、中島哲也の「本気ホラー」が観れるのかと楽しみにしていたのだが、蓋を開けてみればこれはホラーではなく、「ホラー風味」のエンタメ作品であったという感じだろう。まず前提、本作は怖くない。もちろん、血は大量に噴き出すし、人体欠損描写もある。だが、観客が恐怖を感じる演出になっておらず、ガラスの向こうから血の付いた手形がビシャーと跡を残すとか、部屋の中の物がガタガタ揺れるとか同じような見せ方が多く、そもそもの「恐怖の対象」を最後まで見せない為に何を怖がればいいのかが良く分からない映画になっている。「来る!」とか言いながら、部屋の物がガタガタしたと思ったら、次のショットでは腕が千切れていたり、身体が半分になっていたりするだけで、あまりに「引っ張り」と「タメ」が足りない。よって全然怖くないのである。


思うに、中島哲也監督はあまりホラー映画に興味がないのではないだろうか。子供が憑依されるシーンは「エクソシスト」そのままだし、真っ赤な血が大量にマンションから溢れるシーンは「シャイニング」からのインスパイアだろうが、それがどうにも焼き直し以上にはなっておらず、もっと怖いシーンを作ってやるという気概を感じないのだ。黒沢清監督「回路」や、三池崇史監督の「オーディション」のように、画面から監督の熱意が伝わって来ない。確かに、表面上は取り繕っていても一皮剥けば人間など悪意の塊だという表現は、完璧なイクメンを目指しているが本質的には家族を顧みないで、うわべだけが全ての秀樹や、そんな夫を早く死ねばいいのにと思っている妻の香奈、そして秀樹の親友を装っているが彼の妻を奪う事に執心する津田など、キャラクター設定の嫌さと役者の演技でなんとか伝わってくるが、それがホラー映画の面白さや怖さに直結してこないのだ。


ただラストシーンにおける、松たか子演じる祈祷師が一計を講じる、大規模なお祓い儀式が醸すバカバカしさと、岡田准一たちと「見えない何か」とのドタバタぶり、そしてシュール過ぎる「オムライスの歌」の流れは、ある意味で中島哲也の真骨頂であり、毒っ気のある演出として楽しめたのは間違いない。やはりこういう演出をさせると、この人は上手いのである。


高校生くらいのカップルが初めてのデートで観るホラー風味作品としては良いかなぁとも思ったが、意外と子供を巡るDVや中絶などの重いテーマも出てくるので推奨しづらいし、ホラー映画ファンには物足りない出来なので、結果としては中島哲也監督ファンにのみにしかオススメ出来ない作品となってしまっている。ただ、ストーリー展開の意外性はあるので、観ている間退屈はしないが。ホラー映画としての怖さを純粋に求めるなら、現在公開中の「ヘレディタリー/継承」が断然オススメだ。