映画を観て音楽を聴いて、感想を書くブログ

会社員バンドマンが綴る、映画と音楽のブログです。過去の名作から、新作まで綴っていこうと思います。音楽についても書くかもしれません。

「ライフ」を観た

「ライフ」を観た。

f:id:teraniht:20170718081353j:plain

監督:ダニエル・エスピノーサ

日本公開:2017年

 

ジェイク・ギレンホールレベッカ・ファーガソンライアン・レイノルズと錚々たるメンバーが出演している、SFパニックホラー。日本人では真田広之も好演している。予告編を観た限り「エイリアンみたいだなー」という当たり前の感想しか出なかったが、実際に観てみたら、それだけに留まらない良作であった。今回はネタバレ無しで。

 

感想

宇宙船の中で、火星の未知なる生命体に襲われて乗組員たちが一人、また一人と犠牲になっていく。そして地球に生命体を持ち帰る訳にはいかないため、なんとか閉鎖空間である宇宙船の中で生命体を倒す術を見つけ、時には自らの命を犠牲にしながら、人類が命がけ未知の生命体と戦う、というストーリーである。まぁ身もふたもない言い方をしてしまえばやはり「エイリアン」の、特に一作目の踏襲であると言えるだろう。

 

1979年公開、リドリー・スコット監督の「エイリアン」は、H・R・ギーガーの強烈なエイリアンのデザインと、ダン・オバノンの先の読めない脚本、そしてエイリアンの全景をなかなか見せない事により、想像力で観客の恐怖を煽るというリドリー・スコットの演出手腕が奇跡的に邂逅した、SFホラーの金字塔的作品であった。2作目はジェームズ・キャメロンがアクション映画化、3作目はデヴィッド・フィンチャーがアート映画化したりと様々な変容を経ているが、本家リドリー・スコットが2012年に「プロメテウス」という大傑作を発表し、現在はエイリアンシリーズを新たに更新し始めている。ちなみに2017年公開の「エイリアン・コヴェナント」は「プロメテウス」の続編であり、そのポスターアートワークは、旧作ファンこそ必見の素晴らしいものになっている。

 

かなり話が逸れてしまったが、本作「ライフ」は「エイリアン」から、アート性とストーリー性を引いて、娯楽性を足した作品だと言えるかもしれない。正直この映画、とても面白い。映画としての設定やおおよそのストーリー運びが既視感バリバリなのは、否定しない。だが、この作品には観客を楽しませようという作り手の創意工夫が感じられる。

 

この手の作品に、観客がもっとも求める要素としては「映画を観ている間、どうやってドキドキさせてもらえるのか?」だろう。そして、この作品はこれがとても上手くいっている。少しネタバレになるが、最初の犠牲者であるライアン・レイノルズの殺され方など(不謹慎な言い方だが)とても楽しい。緩急の間がしっかりしていて「ヤバっ、頑張れ!、あーダメかー、んっ?どうなる?、うわーこうなるか」という様に、キャラクターの死に様にしっかり没頭できるのだ。ホラー映画で、これが出来ていれば十分に及第点である。しかも最初の犠牲者が、今をときめくライアン・レイノルズというのも、洒落が効いていて良い。

 

とにかく「今までと違うシーンを作ろう」という、作り手の意志が各所に感じられてフレッシュなシーンが多く、二時間の間飽きさせない。後半は正直失速するし、オチもある程度映画を観ている方だと「あるカット」から展開が読めてしまうだろうが、それもまた楽しい。今、これくらいシンプルに観客を楽しませる映画も少なくなってきた気がするし、エンドクレジットの表現方法からも、作り手は70年代の「古き良きSFホラー」を目指して作っている気がして、映画ファンとして素直に嬉しくなった。

 

 後世に残る傑作とはとても言えないが、この夏、涼しい映画館で大人がドキドキしながら楽しむには、最適の娯楽作品ではないだろうか。

「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」を観た

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」を観た。

f:id:teraniht:20170711073818j:plain

監督:ヨアヒム・ローニング/エスペン・サンドベリ

日本公開:2017年

 

大ヒットシリーズ「パイレーツ・オブ・カリビアン」の第五弾である。主演は言わずと知れたジョニー・デップで、本シリーズの主役ジャック・スパロウは彼の最大の当たり役となった。思い返せば、第一作が2003年公開だったので、もう14年前である。一作目を映画館で観た時の感動がありありと思い出されるが、思えば最初の「呪われた海賊たち」は本当に面白い冒険活劇だった。今回はネタバレ無しで。

 

感想

CG満載の娯楽エンタメムービーとして、シリーズのファンは楽しめるだろう。個人的には四作目「命の泉」がかなり厳しい出来だったので、あれよりは各シーンの見どころも多い。ジャック・スパロウのいつにも増して軽いキャラ造形によって、スラップスティック・コメディとして、お馴染みのドタバタを笑いながら楽しめる。だが正直、映画全体としてはやはり残念な出来だったと言わざるを得ない。

 

特に二作目からの問題点だと感じているが、主要キャラクターが増えていく事により、ストーリー運びが散漫になり、今は何の件でキャラクター達は苦労しているのか?がよく分からなくなる。且つ、その目的の場所に着くと具体的にどうなり、どうすると良いのか?もしくは悪いのか?が観客に全く具体的に提示されない。しかも劇中のキャラクターも達もそれが解っておらず、行き当たりばったりで行動して、たまたま事態が解決していくので、こちらも途中から観ていてどうでも良くなる。

 

例えば、ジャックがコンパスを手離すとサラザールという悪玉が解放されるのは何故?とか、魔女がそのコンパス持ってたのは何故?とか、広大な海を漂ってて手帳の星の位置から島を発見するのは無理だろとか、島の宝石にカケラをはめるってなんでわかったの?とかポセイドンの槍を壊したのは思い付き?とか、もう事前に何の情報もない事をキャラクター達が平然と行っていきストーリーが進むので、こちらも考えながら観る事を放棄したくなるのだ。もちろん、こういう映画に「優れた脚本」や「上手い伏線」は必要ないと思うし、それを求めるのは野暮だとは解っているが、それにしても後出しジャンケンの設定が多過ぎる。バルボッサの娘のくだりなど、あまりに突然の展開過ぎて、その後の自己犠牲のシーンに全く心が動かない。

 

 これではひたすら派手なCG満載の画面を、ぼんやり2時間眺めて過ごすだけの夏休み映画だ、と厳しい事も言いたくなってしまう。やはり、このシリーズの世界観やキャラクターが好きな方向けのファンムービーだと言えるだろう。どうやらまだ続編は続くようだが、僕はそろそろ本シリーズに関しては離脱組かもしれない。ちなみにエンドクレジットの後にも、映像が続くのですぐに席を立たないようにご注意を。

「ジョン・ウィック:チャプター2」を観た

ジョン・ウィック:チャプター2」を観た。

f:id:teraniht:20170709184148j:plain

監督:チャド・スタエルスキ

日本公開:2017年

 

2015年に公開された「ジョン・ウィック」待望の続編。心底、本シリーズの主役はキアヌ・リーブスの当たり役だと思う。 本作のラストで、まだ「ジョン・ウィック」シリーズはチャプター3に続く事が示唆されるが、アクション映画が好きなら絶対に劇場で観た方がいい、傑作になっていた。個人的には大好きな作品。今回はネタバレ無しで。

感想

いわゆるリアル志向のアクション映画とは、一線を画す世界観重視の作品だと思う。殺し屋たちの聖域、コンチネンタルホテルの存在が本作ではかなりフィーチャーされるが、彼らは厳格なルールに則り、殺し屋稼業を営んでいる。ホテル内では殺しは厳禁であり、特殊なコインで、武器の調達やスーツの仕立てやホテルバーの利用まで各種サービスを受けられ、殺し屋達をサポートする。本部を通じて、殺し屋同士で懸賞金をかける事も可能だ。だが、ひとたびルールを破ると、組織から重いペナルティーが課せられる。この独特のルールや世界観が最高だし、このジョン・ウィックシリーズの大きな魅力になっている事は間違いない。

 

正直、ストーリーのプロット自体はそれほど独創性があるとは思わないが、何より次々と現れるアクションシークエンスに心が踊る。ジョン・ウィックは伝説の殺し屋なので、劇中絶対に死なないのは分かっている。ただ、それにしても車にはねられる、ナイフで刺される、銃で撃たれる、殴られるで満身創痍ボロボロである。だが、そんな彼を心底応援してしまうのは、やはりキアヌ・リーブスのあの弱さを湛えた目の演技と、愛妻系犬好き巻き込まれキャラの典型であるジョン・ウィックというキャラクター造形の勝利だと思う。

 

今作では計141人を次々と倒していく「ガンフー」(ガン+カンフー)も、相変わらずカッコ良くて、見応えがある。特にローマのカラカラ浴場遺跡で、次々と現れる敵を俊敏な動きで倒していくジョン・ウィックには惚れ惚れさせられた。あとは撮影が大変だったろうと思わされるラストシークエンスの鏡張りの美術館での格闘シーン、駅で行われるコモンとのサイレンサーによる無言の銃撃戦など、もう一度観たいと思うシーンが満載で、本当に楽しめるアクション映画になっていたと思う。

 

マトリックスシリーズ以来となる、ローレンス・フィッシュバーンキアヌ・リーブスとの共演も観れるし、ジョン・レグイザモも出番は少ないが、いい味を出している。全体的にライティングや画創りも良くて、しっかりと「映画」を観ている気に十分浸れるところもポイントが高い。

 

チャプター3の撮影も2017年内には始まるらしいし、そんなに遠くない時期にまた続編が観れる様で、本当に楽しみだ。マトリックスに続くキアヌ・リーブスの看板シリーズとして、出来れば3作目以降ももっと続編が観たいと思わされる、この「ジョン・ウィック:チャプター2」は、アクション映画ファンなら必見の作品だ。しかも映画館の大スクリーンで観る価値があると思う。ピンと来た方は是非。

 

前作の感想はこちら↓

www.teraniht.xyz

 

「ジョン・ウィック」を観た

ジョン・ウィック」を観た。

f:id:teraniht:20170701072015j:plain

監督:チャド・スタエルスキ

日本公開:2015年

 

2017年7月に続編の「チャプター2」が控える「ジョン・ウィック」を再見。劇場公演時に観た時は、これはキアヌ・リーブスの久々の当たり役で続編が観たいと思ったので、素直に今回の続編は嬉しい。今回は廉価版が発売された事もあって、ブルーレイで改めて見直してみた。

 

あらすじ

愛する女性ヘレンとの出会いをきっかけに、裏社会から足を洗った殺し屋ジョン・ウィック。しかし、ヘレンは病に倒れて帰らぬ人となってしまい、ジョンは悲しみに暮れる。そんなジョンのもとに、ヘレンが生前に用意していたデイジーという名の一匹の子犬が届けられる。亡き妻の思いが託されたデイジーとの生活で再び心に平穏を取り戻していくジョンだったが、ある日、ジョンの所有する車を狙って家に押し入ったロシアンマフィアが、デイジーを殺してしまう。生きる希望だった愛犬を奪われたジョンは、かつてその名をとどろかせた裏社会に舞い戻り、ロシアンマフィアの組織を相手に単身戦いを挑む。

 

感想

主演は言わずと知れたキアヌ・リーブス。個人的には「スピード」のキアヌ演じるジャックに憧れて、学生時代に頭を丸坊主にしたのも良い思い出だし、「マトリックス」の一作目を観た時には、あまりの強烈な世界観に設定集やパンフを読み漁り、毎日サントラを聴きながら生活していた。三部作の2と3のトホホ感も許せる位には大人になったと思う。この様に人生の節目ふしめで、キアヌ・リーブスの作品に触れ影響を受けてきた身としては、近作の「ノック・ノック」の美女2人に翻弄される情け無い姿や、「ネオン・デーモン」のチョイ役ダメ男ぶりを観る度に「違う。こんなキアヌは本来のキアヌじゃない」と、憤りながらもニヤニヤしつつ鑑賞していたものだ。近作には「47RONIN」や「砂上の法廷」などの怪作、凡作もありつつ、そんな中でも圧倒的にカッコ良いキアヌが観れるのは、やはり本作「ジョン・ウィック」であろう。

 

何と言っても犬の復讐劇である。ロシアン・マフィアの若きチンピラに、亡き愛妻から贈られたワンちゃんを殺されたジョン・ウィックがブラックスーツをビシッと着こなし、マーシャルアーツや接近戦とガンアクションを足した「ガンフー」を駆使しながら、マフィア達をキレキレのアクション満載で倒しまくる。この映画の説明はこれ以上必要ないだろう。これがとにかく燃える(萌える)のである。キアヌも身体が良く動いているし、なによりカッコ良い!マフィアのボスが劇中、ジョン・ウィックの家を襲ったとバカ息子から報告を受け、激昂し彼をブン殴るシーンがあるが、ここのセリフとカット割が最高である。いかに怒らせてはいけない男を怒らせたかが、観客にもビンビン伝わる。

 

他にも暗殺者が集うコンチネンタルホテルという場所があり、コインの数が暗殺者としてのステータスになっているとか、暗殺に対しての掃除屋がいたりと、裏社会のルールや世界観がしっかり作られているのも良い。これだけで続編への期待が高まってしまう。

 

あんな可愛い犬を殺す悪党は当然の報いであると誰もが思う、カタルシス抜群の作品であるのは間違いない。公開時に齢50歳だったキアヌが魅せるアクションとそれを引き立てるカットワークと編集も見事なアクション映画だった。続編もチャド・スタエルスキ監督が続投らしいので、7/7公開の「チャプター2」をかなり期待して待ちたいと思う。

 

「ハクソー・リッジ」を観た

ハクソー・リッジ」を観た。

f:id:teraniht:20170630004849j:plain

監督:メル・ギブソン

日本公開:2017年

 

前作「アポカリプト」から10年。遂に監督としてのメル・ギブソンが新作を発表した。監督作としては1995年「ブレイブハート」が名作だが、他にも「パッション」など数は少ないがキリスト教、特にカトリックの影響を感じる個性的な作品を生み出してきた。今作「ハクソー・リッジ」は、第二次世界大戦時の沖縄を舞台に、あるアメリカ軍衛生兵の生き様を描いた作品だ。もちろん、キリスト教の影響は今作も色濃い。これはメル・ギブソンの作家性だと言って良いと思う。今回はネタバレありで。

 

あらすじ

第2次世界大戦中、デズモンド・ドスは軍に志願したにも関わらず、上官の大尉や軍曹たちの命令に反して、銃を持つことを拒否していた。子供時代の兄弟をケンカで殺しかけた事や、軍人だった父親の暴力を目の当たりにしてきた苦い経験から、人を殺めることを禁じる「汝、殺すなかれ」というキリスト宗教の教えを固く信じていたのだ。軍の規律を乱すという理由から、上官や同僚らは彼につらく当たり、遂には軍法会議にかけられてしまう。だが、妻と父の必死の助けにより、裁判の結果、デズモンドは武器を持たずに戦場に赴くことを許され、希望していた衛生兵となる。1945年、デズモンドの部隊は沖縄へと派遣され、150メートルもの絶壁のある“ハクソー・リッジ”(前田断崖)での戦闘を命じられる。一度は断崖領土を占領するも厳しい戦況に米軍は退却を余儀なくされる。その最中、負傷した仲間たちが取り残されるのを見たデズモンドは、たった一人で戦場へ留まることを決意し、決死の救出活動を試みる。

 

感想

この映画を観て個人的に感じたのは、デズモンドの英雄性でもアメリカ軍の勇敢さでも無く、「戦場は地獄である」という当たり前の事象だ。日本人である我々としては、主人公側で描かれるアメリカ軍が対峙する、まるで獣のような日本兵の描写に違和感を抱くが、それでも実際の戦場では、兵士はあの様になってしまうものなのかもしれない。戦場の真っ只中にいる恐怖が、スクリーンから伝わってくる。

 

「汝、殺すなかれ」というキリスト教の教えを固く信じ、常に聖書を手離さず、銃を手にしない主人公のデズモンドは、軍隊の同調圧力に屈せずに、自らの信念を突き通す。殺す事では無く、衛生兵として助ける事で戦争に参加し、誰よりも功績をあげるのだ。これを観てアメリカ人は勇敢で、しかも銃を持たない人間を戦場に送り込むなんて個を尊重し、更に自らを犠牲にして他人を助けるなんて、晴らしいと思うのは簡単だ。

 

だがどうしても僕には、この映画が提示しようとしている勇敢な兵士の物語よりも戦争というものが、どれ程人間を肉体的にも精神的にも破壊するものなのかが、苦い後味として残る作品だった様に思う。単純に観ると、いつもの「アメリカ万歳」の戦争映画に映ってしまうし、バランスとしては主人公の自己犠牲な行動を感動的なニュアンスで演出しているので、それも無理はないが本作が他の幾多の戦争映画と圧倒的に違っているは、その過剰なまでの残酷描写だろう。

 

とにかく本作の戦場シーンは凄まじい。爆発物により手脚は吹き飛び、腹わたは散乱し、それにネズミやウジがたかる様子を隠す事なく見せつける。比較的接近戦の戦場の為、兵士は近距離で撃ち合い、刺し合い、殺し合う。容赦無く飛び込んでくる「死」の描写の数々に、観客は「絶対にあんなところには行きたくない」と思う。そういう意味で、この作品は厭戦映画として成功していると思う。

 

メル・ギブソンの監督過去作で、イエス・キリストが処刑されるまでの12時間を描いた「パッション」という映画がある。イエスへの拷問場面のあまりの凄惨さにアメリカでは、映画を鑑賞していた女性が心臓発作を起こして死亡する事故が起きているのは有名な話だが、まさにその面目躍如ともいえるシーンの数々が、この「ハクソー・リッジ」でも展開されるのだ。

 

主人公デズモンドを演じているのはアンドリュー・ガーフィールド、その上官役をサム・ワーシントン、そして父親役をヒューゴ・ウィーヴィングが演じている。本作では、このヒューゴ・ウィーヴィングが圧巻の演技を見せている。有名な役どころではマトリックスエージェント・スミスだろうが、退役軍人で呑んだくれ、そして妻にも息子にも暴力を振るう最低の父親を演じているが、戦争が人間の精神に及ぼす影響がよく解った。母親が語る、「お父さんは自分自身が嫌いなの」というセリフが胸に刺さる。

 

映画の終盤、味方を助けてハクソー・リッジから負傷したデズモンドが、荷台に乗せられて降りてくるシーン、カメラがグッと下がってアオリの構図になる為、まるでそのまま天の上に登っていく様にも見える。その際の背景があまりに超現実的な美しい光景で、今までのリアリスティックな背景ではなく、如何にもCGという感じになるのも、もちろん意図的であろう。ラストの本人によるインタビューシーンと併せて、後半はデズモンドの神格化された英雄譚として映るのは否めない。

 

映画全体を微妙に漂うアメリカ賛美と宗教感に、乗り切れない人がいるのは頷けるし、もっとな意見だと思う。だが、この映画を観て戦争そのものの残酷さや無常観を感じない人はいないだろう。その意味で、この映画を観る価値は十分にあると思う。ただしその残酷描写から、確実に観客を選ぶ作品ではあるのでご注意を。